業界No.1の実績!23日の短期で学ぶ就職/転職のためのプログラミングスクール「無料PHPスクール(Webプログラミング研修&就職・転職支援)」
【毎回12人限定】【IT/Web業界にエンジニアとして就職/転職したい、18~32歳限定(国籍・学歴・経験不問)】☆未経験歓迎!

就職対策Vo.082~面接でしゃべり過ぎてしまう人は・・・

   

キャリアコンサルタントのサイトウです。今回は、面接でしゃべり過ぎてしまう人には必見の内容です。

 

あなたが面接を受ける時、相手からの質問に対して、しゃべり過ぎたと思ったことはありませんか

思い当たることがある人は、注意が必要です。

 

なぜならば、自分でそう感じたということは、相手はもっと長いと感じているからです

 

 

 

 

では、どのくらいしゃべるのが、ちょうどいいのでしょうか?

 

・30秒

・1分

・3分

 

正解は、1分以内です。

1分を超えると、相手は時間が長いと感じ、あなたの印象が悪くなります

 

面接官は、人の話を聞くことが多いので、ムダに話の長い人は評価しません。

 

あなたがしゃべり過ぎてはいけないのです。

 

しゃべり過ぎると、面接に落ちてしまいます

 

 

 

 

1分という時間は、どのくらいの長さかイメージできますか?

 

アナウンサー以外の人は、イメージが難しいのではないでしょうか。

 

1分以内にしゃべるには、実際に練習するしかありません。

スマホのタイマー機能を使い、しゃべってみることが一番です。

 

 

 

 

面接で1分を調整するのは、簡単ではありませんので、とにかく練習して慣れるしかないのです

 

ちなみに、面接官が集中して話を聞いている時間は、15秒くらいと言われています

 

そのため、最初の15秒に集中することが必要です。

 

そして、1分以内で話をまとめましょう。

これができれば、あなたの内定取得率が上がるはずです!

 

 - 学習アドバイス

  関連記事

  おすすめ記事