業界No.1の実績!23日の短期で学ぶ就職/転職のためのプログラミングスクール「無料PHPスクール(Webプログラミング研修&就職・転職支援)」
【毎回12人限定】【IT/Web業界にエンジニアとして就職/転職したい、18~32歳限定(国籍・学歴・経験不問)】☆未経験歓迎!

就職対策Vo.071~満足いく入社のために

   

キャリアコンサルタントのサイトウです。今回は、入社するための情報収集についてを記載いたします。
 
あなたが就職活動をする時、何社の選考を受けますか
 
ほとんどの人が、複数社の面接を並行して行うと思います。
 
 
 
このような場合は、内定を複数社からもらう場合もありますよね。
 
そんな時、あなたは即決して企業を決められますか
 
 
 
もちろん、決められる人もいると思いますが、すぐに決められずに悩んでしまう人もいるでしょう。
 
 
ちなみに、決断が早いからいいというわけではなく、納得した状態で意思決定をするのが理想です。
 
 
 

その原因は、決断のための情報が不足しているのです
 
企業の面接をしている時は、緊張もあり、必死になることがほとんどです。
 
 
しかし、内定が出た場合は、これまでと状況が変わります。
 
面接中は、企業があなたを選考していますが、内定後は、あなたが企業を選ぶことになるのです
 
 
分かりやすくいうと、選ばれる側から、選ぶ側になります。
 
ですので、戸惑ってしまう人も多いのです。
 
 
 

入社を判断するための情報は、多ければ多いほどいいでしょう
 
ただし、情報が多いほど、悩んでしまうことも事実です。
 
ですので、収集した情報は、取捨選択して、必要な情報だけを残しておくことをおススメします。
 
 
・条件面(給与)
 
・業務内容
 
・勤務地
 
・一緒に働く人や上司はどんな人
 
・社内の雰囲気
 
 
人によって基準は違えど、気になることは確認しておく必要があります。
 
 
 

このように、判断材料を必要な分だけ集めることで、意思決定をスムーズに進めることができます
 
自分の気持ちをスッキリさせることができますよね。
 
 
そうはいっても、入社してみないと分からないこともありますので、GAPを最小限にするようにすることが必要です。
 
働く職場は、家庭にいる時間よりも、長い時間が多いことがほとんどですので、慎重に選んでいきましょう!
 

 - 学習アドバイス

  関連記事

  おすすめ記事