業界No.1の実績!23日の短期で学ぶ就職/転職のためのプログラミングスクール「無料PHPスクール(Webプログラミング研修&就職・転職支援)」
【毎回12人限定】【IT/Web業界にエンジニアとして就職/転職したい、18~32歳限定(国籍・学歴・経験不問)】☆未経験歓迎!

就職対策Vo.069~入社する企業を決める際は、人も見よう

   

キャリアコンサルタントのサイトウです。今回は、内定を取得した企業に入社する際の注意点を記載いたします。

あなたが就活をしていて、複数社からの内定を取得したと想定しましょう。

 

あなたは、その中から入社する企業1社を選ばなくてはいけません。

大事なのは、モノサシとなる基準があるかどうかです

 

モノサシについては、「就職対策Vo.046~企業を選ぶ判断基準を考えよう(後編)」の記事を参照ください。 

 

 

 企業を選ぶモノサシは、当然人よって、内容も優先順位もそれぞれ違います。

そんな中でも、重要なモノサシをお伝えいたします

 

それは、一緒に働く人(社員)は、自分に合っているか、ということです

これだけ聞くと、自分勝手に聞こえますが、そういう意味ではありません。

 

長い時間を過ごす会社ですので、働く人との相性はとても大事なのです。 

 

中には、面接官と相性が合うので大丈夫です、という人もいるかもしれません。

 

よく考えてください。面接官=一緒に働く人とは限りませんよね

面接官は、人事担当者や、他部署の人の可能性もあります。

 

 また、社長との相性も大事ですが、実際のところ、社長と一緒に働くことは、そう多くはありません。

だからこそ、一緒に働く人との相性を確かめる必要があるのです

 


 
それを確かめるためには、内定面談の機会をもらうことが一番です

内定面談では、面接官の他にも、一緒に働く人や上司になる人と会って話す機会が多く、顔を見て話をすることができます。

 

もちろん、完全に相性が合うケースは多くはないと思いますが、どんな人かは、会って話すことで何となく分かります。
 

ただし、こればかりに偏ってはいけません。

あくまでモノサシですので、他とのバランスも大事です。 

 

 

実際は、内定面談を経て、一緒に働く人や上司に会っていても、入社後にGAPが生じることもあります。

人間ですから、分からないことや見抜けないことも、当然ありますよね。

 

そんな時は、相手のことに対して文句を言うのではなく、自分が変わることが大事です

相手に変化を求めるではなく、自分の行動を変えるのです。

 

そうすることで、結果として、相手が変わる可能性もあります。

 企業を判断するモノサシは、人それぞれありますが、働く人に関する相性を考えることで、働きやすさも変わってくるでしょう。

 

 - 学習アドバイス

  関連記事

  おすすめ記事