業界No.1の実績!23日の短期で学ぶ就職/転職のためのプログラミングスクール「無料PHPスクール(Webプログラミング研修&就職・転職支援)」
【毎回12人限定】【IT/Web業界にエンジニアとして就職/転職したい、18~32歳限定(国籍・学歴・経験不問)】☆未経験歓迎!

就職対策Vo.043~内定通知書をもらうまで、気を抜くな

   

キャリアコンサルタントのサイトウです。本日は、内定通知書をもらうまでの、面接の進め方についてです。

就活をしている時の目標の1つは、受けている企業からの内定通知書をもらうことがあると思います。

 

内定通知書をもらうまでのステップは、企業によって違いがありますが、早い企業だと1週間以内に出ます。

また、企業規模が大きくなると、1ヶ月~3ヶ月間くらいかかる企業もあります。

 

 

内定通知書が出るまでのステップは、筆記試験があったり、最終面接があるなど、2回以上面接することもよくありますよね。

そこで注意しなければいけないことがあります。

それは、内定通知書を受け取るまでは、決して油断してはいけないということです。

 

いくら面接で採用したいと言われていても、内定通知書を書面でもらうまでは、確約されていないのです。

つまり、口約束の段階です。

 

 

押印のある正式な書類をもらうまでは、テストが続いていると思ってください。

だからこそ、内定が出ていると勘違いをする人が多く、肝心な面接の場で、失敗することもあります。

 

 

よくあることは、内定が出ていない段階での、うっかり聞いてしまった質問です。

このようなことは、内定通知書をもらうまでは、質問してはいけません。

 

・福利厚生

・残業時間

・休日、休暇について

・給与額

・教育研修について

 

何度も言いますが、テストをされている段階で、自分が聞きたいことを聞くのは、絶対にやめましょう。

これらの質問は、内定までもう少し我慢すれば、後で聞けることなのです。

 

決して油断せずに、冷静に面接を受けることが、内定への近道です!

 

 - 学習アドバイス

  関連記事

  おすすめ記事