業界No.1の実績!23日の短期で学ぶ就職/転職のためのプログラミングスクール「無料PHPスクール(Webプログラミング研修&就職・転職支援)」
【毎回12人限定】【IT/Web業界にエンジニアとして就職/転職したい、18~32歳限定(国籍・学歴・経験不問)】☆未経験歓迎!

就職対策Vo.013~面接後も気を抜かない

   

キャリアコンサルタントのサイトウです。今回は、気を抜きがちな、面接後の退出の仕方についてお伝えしていきます。

 

面接が上手くいったり、手応えがあるととても嬉しいですよね。そんな時は、もう心の中で花火が上がり、嬉しくてたまらない気持ちになるでしょう。

 

 

そんな時に注意しなければならないのが、退出の仕方です。面接をする場合は、企業はあなたをお客様として扱います。

それはまだあなたが入社していないので、外部の人間だからです。

つまり、ビジネスマナーも見ているのです。

 

面接は、ほとんどが1時間以内で行われます。求職者であるあなたは、面接が終了すると、安心感があふれて、スイッチを切ってしまうかもしれません。

 

 

面接後は特に注意が必要です。なぜならば、面接は終わったという気持ちがあるからです。

面接は、あなたが建物を出るまで続いています。つまり、最後まで油断禁物なのです。

 

面接後に特に注意をしなければいけない点を挙げます。

 

・面接後は、速やかに退出の準備をして、ドアを出る前に一礼

・面接が終わったからといって、自分から余計な話はしない

・面接官に御礼の言葉を伝える

・見送りに来られた場合、エレベーターが閉まるまで頭を下げる

・コートなどの上着がある場合は、建物の外に出てから着る

 

あなたは、いくつできていましたか?これらは全てできていないといけません

特に面接の御礼は何度伝えても、マイナスにはなりませんので、目を見て伝えましょう!

 

 

誰しも面接に臨む前は、緊張していることもあり、それなりに注意をしながら行動します。

しかし、リラックスしてくると、行動に注意が回らず、普段の行動を取ってしまいがちす。

もちろん、面接以外では問題ありません。しかし、面接はあなたをテストしている場すので、万全を期すのがベストです。

 

学校では、遠足は家に付くまでが遠足だと言われてきましたが、面接も家に帰るまでが面接だと思えば、ミスもなくなります!

最初から最後まで気を抜かずに、ベストを尽くせるように、心の準備をしていきましょう

 - 学習アドバイス

  関連記事

  おすすめ記事