業界No.1の実績!23日の短期で学ぶ就職/転職のためのプログラミングスクール「無料PHPスクール(Webプログラミング研修&就職・転職支援)」
【毎回12人限定】【IT/Web業界にエンジニアとして就職/転職したい、18~32歳限定(国籍・学歴・経験不問)】☆未経験歓迎!

就職対策Vo.024~企業への先入観は排除しよう!

   

キャリアコンサルタントのサイトウです。今回は、「就職対策Vo.023~あなたに合ってるのは自社勤務?客先常駐?」に続き、こだわりが変化した人の事例を記載します。

企業へのこだわりは、必ず変化していくため、最初は持たないで面接に臨みましょうという話をしました。

そうはいっても、業務内容については、イメージもあり、好き嫌いもあることもあります。

 

 

特に、勤務地については、自社を希望する人も多いのが事実です。客先常駐の場合は、プロジェクトによって勤務地が変わる場合があり、それを懸念する人もいます。

過去に中途採用で就職活動をした、Kさんもそうでした。

 

では、どのようなこだわりがあり、どのように変化していったのかを記載します。

Kさんのこだわりは、客先常駐は避けたいということでした。

理由は、ずっと同じ現場で仕事をしたい気持ちがあり、勤務地が変わることは望んでいませんでした。

 

 

そのこだわりを持っていましたが、まずは面接を受けてみることを勧めました。なぜかというと、きっとそのこだわりは変わっていくだろうと思っていたからです。

 

それが変化したのは、渋谷区にある、Web系、業務系両方を開発している企業と面接をした時でした。

面接を受ける前は、客先常駐の可能性が高かったこともあり、それを気にしていました。

 

確かに、実際に企業に確認すると、客先常駐になるとのことでした。

当然、企業は面接の場で、Kさん本人に客先常駐になることは伝えてあります。

 

面接を受けた後、Kさん本人の気持ちを電話で確認しました。いったい感想はどうだったと思いますか?

 

 

面接を終えた後の感想は、「この企業で働いてみたいです」でした。

理由を聞いてみると、面接官の人が、エンジニアのことをとても大切に考えていて、一緒に働きたいと思いましたとのことでした。

 

何度も言うようですが、この企業は客先常駐です。

そして、Kさんはこれを一番気にしていたにも関わらず、働きたいという気持ちに変化しました。

 

 

結果、自社内開発の企業2社からの内定を断り、Kさんはその企業に入社することになりました。

このような事例から分かるように、面接では気持ちが変わる可能性があります。

 

特に、一緒に働く社員に影響受けることが多く、当初持っていたこだわりは変化することがほとんどです。

Kさんは、こだわりを持ちつつも、まず面接を受けてみることを実践した結果、ご縁があったのです。

あなたには、こだわりを持たずに、まず面接を受けてみることをおススメします!

 

 - 学習アドバイス

  関連記事

  おすすめ記事