業界No.1の実績!23日の短期で学ぶ就職/転職のためのプログラミングスクール「無料PHPスクール(Webプログラミング研修&就職・転職支援)」
【毎回12人限定】【IT/Web業界にエンジニアとして就職/転職したい、18~32歳限定(国籍・学歴・経験不問)】☆未経験歓迎!

就職対策Vo.018~長所と短所は人に聞け!

   

キャリアコンサルタントのサイトウです。今回は、履歴書の長所と短所の書き方についてです。

 

あなたの長所はどんなところですか?このようの質問をされた時に、どのように答えることが良いのでしょうか。

まず、あなたは長所と短所を聞かれた時に、すぐに答えられますか?意外にすぐに答えられない人も多いのが現実です。

 

では、長所と短所はどのように探せばよいのでしょうか?一番の方法は、あなたの周囲の人に直接聞いてみることです。

これをすることで、自分では気づかなかった長所や、短所を見つけることもあります。

 

自分が思う長所と短所よりも、周囲から言われる(言われた)長所と短所を、面接官に説明する方が客観性が増し、また自分自身にとっても説明しやすいと思います。特に長所は、自分では書きづらいことも、周りから言われたことを書くことで、相手に対して嫌みのない言い方をすることができますよね。

ではどんな内容の「長所」「短所」を履歴書に書くべきなのでしょうか?

 

 

 

それは、これからあなたが働く業務で活かせる内容を書くことです。

つまり、ただ単に良い所を書くのではなく、それを業務に活かしていきますというアピールにするのです。

 

たとえば、以下のような長所がある場合、どちらが面接にふさわしいでしょうか?

 

①学生時代の知人から、誰に対しても優しく接する、温厚な性格だと言われます。

②学生時代の知人から、とにかく勉強して学ぶことが好きで真面目だと言われます。

 

答えは②ですね。なぜかというと、このような長所は、新しい職場で分からないことがあっても、自分で調べることができる人だと思われます。

①の場合は、性格が優しい人なんだで終わってしまうのです。

 

 

それでは短所はどうでしょうか?

 

①性格が大人しいと言われ、初対面の人に暗い印象を持たれてしまうことです。

②何かに取り組むときに、考え過ぎて行動するのに時間がかかることです。

 

これも答えは②です。短所の場合は、内容を伝えた後に、必ず改善策を書くことが必要です。

そうすることで、短所を自分で理解した上で、改善するための行動を取っていると相手に伝わります。

また、①の場合は、とてもネガティブな印象を持ちます。

「就職対策Vo.016~履歴書は最後に作ればよい!(前編)」でも書いた通り、ストレートに、内面の自分の気持ちや考えを書かないでくださいね。

 

 

短所は、改善が難しいような短所を書くべきではなく、改善ができるような内容を書きましょう。

長所と短所は真逆のことですが、共通するのは、面接官が納得するような回答を書くことです。

これから仕事で活かせるような内容を書くことで、一緒に働きたいと思ってもらうことが大切です!どんな人にも長所と短所があるはずですから。

 

 

 

 - 学習アドバイス

  関連記事

  おすすめ記事