業界No.1の実績!23日の短期で学ぶ就職/転職のためのプログラミングスクール「無料PHPスクール(Webプログラミング研修&就職・転職支援)」
【毎回12人限定】【IT/Web業界にエンジニアとして就職/転職したい、18~32歳限定(国籍・学歴・経験不問)】☆未経験歓迎!

就職対策Vo.014~知っていると得をする名刺の受け取り方

   

キャリアコンサルタントのサイトウです。今回は、面接時に名刺を受け取った時の対応を記載していきます。

 

面接では、企業のどの立場の方が面接官になっているか、分からない場合が良くあります。

そのため、面接に行くまでは、そこに誰がいるのか分からないわけです。

 

そして、いざ面接が始まると、お互いに挨拶から始まりますよね。

その時に、企業の担当者から名刺を受け取る場合があります。その時の受け取り方をご存知でしょうか?

 

 

名刺を受け取る時は、あなたも名刺入れを持ち、両手で名刺の端を丁寧につかんで受け取ります。姿勢は、腰から45度に下げている状態です。

この時、注意しなければいけないことがあります。

 

それは、相手名刺の真ん中や、端以外を触らないということです。

 

名刺は相手の顔なので、とても丁寧に扱わなくてはいけないのです。

 

 

受け取った後は、あなたの名刺入れの上に置いた状態で、机の上に置きます

名刺を机の上に置いておくと、相手の名前も間違えずに済みますね。

 

そしてこの状態は、面接が終わるまで続けましょう。途中で名刺を収納してはマナー違反です。

 

名刺入れがない場合は、手帳の上などに置きますが、なるべく用意した方が良いですね。

 

名刺交換の際のポイントです。

 

・名刺を受け取る際は机を挟まない

・名刺は両手で受け取り、御礼と一礼をする

・名刺を受け取ったら、軽く見る

・いただいた名刺は、自分から見てテーブルの左側へ置く

・退出時まで名刺は机の上に置いたままにする

 

ここからは、中途採用の面接に同席した時の、悪い例をお伝えします。

 

その方は、名刺入れを持っていなかったので、受け取る際は、両手で丁寧に受け取りました。そして、受け取った相手の名刺を机の上に直接置きました。

 

 

さて、どこがいけなかったのでしょうか?

 

それは、名刺を直接机の上に置いてしまったことです。

 

先程も記載した通り、名刺は相手の顔です。それを直接机に置くことは、ビジネスマナー違反なのです。

 

 

ちなみに、名刺入れがなかったことは仕方がないので、両手で丁寧に受け取るのは問題ありません。

 

このように、名刺交換ができるだけで、相手からの印象が良くなり、あなたにとってプラスの評価になります。

知っていることと、できることは違いますので、名刺入れを準備して、練習することをおススメします

 

 

 

 - 学習アドバイス

  関連記事

  おすすめ記事