業界No.1の実績!23日の短期で学ぶ就職/転職のためのプログラミングスクール「無料PHPスクール(Webプログラミング研修&就職・転職支援)」
【毎回12人限定】【IT/Web業界にエンジニアとして就職/転職したい、18~32歳限定(国籍・学歴・経験不問)】☆未経験歓迎!

就職対策Vo.042~内定を取ることがゴールではない

   

キャリアコンサルタントのサイトウです。今回は、就活のゴール設定について記載いたします。

あなたが就活をする際は、どこにゴール設定をしていますか?

ゴール設定は、人それぞれ違うと思います。

例えば、内定を取ることが目標の人もいれば、東京で働くことがゴールの人もいるかもしれません。

 

 

就活は、あなたが働く企業を決める活動です。ですので、内定を取ることはとても大事なことに間違いはありません。

ただし、内定を取ることだけをゴールにすることは、あまりおススメではありません。

なぜかというと、内定を取ったとしても、あなたが行きたい、働きたい企業でなければ、本当の意味で就活が成功したとは言えないからです。

 

 

新卒で就活をする学生の場合、内定を取ることがゴールだと思っている人が結構います。

内定を取ること自体は、決して間違っていませんが、あくまで目標であり、ゴールではありません。

就活のゴールがどこかというと、あえて言うのであれば、入社したい企業に内定して承諾するということでしょう。

 

 

私が以前に㈱ドリーム・シアターを通して、新卒の就活支援をした時の話です。

専門学校2年生の学生は、自分で就活を始めて、1社の面接に行きました。

渋谷にあるWeb系の会社で、設立して5年以内のベンチャー企業です。

 

面接結果は内定をもらい、彼女はそこに決めると話していたため、他の企業も受けた上で決めることをアドバイスしました。

 

本人の希望もあり、㈱ドリーム・シアターを通じて2社の企業を面接した結果、1社から内定をもらいました。

そして、考えた末に渋谷にあるベンチャー企業に内定承諾をしました。

 

その時に本人が言った言葉は、「他社も見て良かったです。内定を取ったことで就活が終わったと思っていました。」でした。

最終的には、他社の面接を受けて、2社の内定をもらい、自分が行きたい企業に入社できたことが一番よかったそうです。

 

このように、内定取得はゴールではなく通過点として考えておくほうがよいでしょう。

後悔しない就活をするためにも、複数の内定の中から、あなたが行きたい企業を決めるのが一番です!

 

 - 学習アドバイス

  関連記事

  おすすめ記事