業界No.1の実績!23日の短期で学ぶ就職/転職のためのプログラミングスクール「無料PHPスクール(Webプログラミング研修&就職・転職支援)」
【毎回12人限定】【IT/Web業界にエンジニアとして就職/転職したい、18~32歳限定(国籍・学歴・経験不問)】☆未経験歓迎!

就職対策Vo.041~ベンチャー企業の人事評価はできていない

   

キャリアコンサルタントのサイトウです。今回は、人事評価について記載いたします。

あなたは、就活をする際に、大手中小企業を受けますか?それともベンチャー企業ですか?

 

2018年朝日新聞DIALOGの発表によると、日本の企業の約7割は、中小企業で構成されています。

その中でも、IT業界の場合は、起業して間もない設立10年以下のベンチャー企業も多いですよね。

 

 

ベンチャー企業は、大手企業に比べると、人事制度整っていないケースがほとんどです。

私も面接同席をした際に、企業担当者に話を聞いていますが、ベンチャー企業の場合は、人事制度が完璧にできている企業はほとんどありません。

 

 

できていない要因はいくつかありますが、企業自体の歴史が浅いと、人事制度が整っていないケースが多いようです。

つまり、ベンチャー企業は、人事制度が完璧に整っていないと考えておいた方がいいでしょう。

 

また、面接の場で、社長や人事担当者が、直接人事制度について話をする場合があります。

その時に、こんな言葉が出た場合は、本音を言っていると考えていいでしょう。

 

・「うちはベンチャーだから、人事制度は整っていない」

・「現在、人事制度を作っている」

・「これから一緒に作っていく」

 

 

このように、自社の未完成の部分や、弱い部分を話せる企業は、人事制度に関しては本音を言っているため、入社後のGAP少ないかもしれません。

もちろん、これで全てが信用できるというわけではありません。

 

就活をしていると、企業の足りない部分が見えてきたり、あなたが想像するよりも、厳しい現実も出てきます。

それでも、失敗しない就活をするためには、情報を収集していくしかないのです。

 

あなたが長く働くためにも、企業のことを知っていくことが大事ですね。

 

 - 学習アドバイス

  関連記事

  おすすめ記事