業界No.1の実績!23日の短期で学ぶ就職/転職のためのプログラミングスクール「無料PHPスクール(Webプログラミング研修&就職・転職支援)」
【毎回12人限定】【IT/Web業界にエンジニアとして就職/転職したい、18~32歳限定(国籍・学歴・経験不問)】☆未経験歓迎!

就職対策Vo.050~面接の後にメモを取っている?

   

キャリアコンサルタントのサイトウです。今回は、企業との面接の後にしておいた方がいいことをお伝えします。

あなたは、面接の席にノートを持ち込みますか?

この質問をすると、ノートを持って面接をするのは、失礼にあたるのではないかと、聞かれることがあります。

「就職対策Vo.006~面接時にメモを取る人は多くない」でもお伝えしたとおり、メモを取ることは決して失礼などではなく、むしろ歓迎されることです。

 

 

この時にお伝えしたメモというのは、面接用の質問を準備して、その回答を書くということでした。

メモは面接時に持参することが望ましいですが、うっかり忘れてしまうこともあるでしょう。

そんな時には、面接後に必ず、どんなやり取りがあったのかをできる限り思い出し、メモを取ってください。

 

 

面接のあった当日であれば、どんな質問をして、どんな答えが返ってきたかくらいは思い出せますよね。

これをしておくと、あとでとても役に立つことになります。

 

それはどんな時だと思いますか?

正解は、あなたが入社する企業を選ぶ時です。

 

 

あなたが複数の企業から内定を取得した場合、比較対象がないと決められませんよね。

内定通知書には、給与等の条件面の記載はあると思いますが、具体的な業務内容までは記載していないと思います。

 

また、面接でのやり取りや会社の雰囲気をメモしておくと、思い出すことができますね。

最初の面接から時間が経過していると、忘れていることもありますからね。

いつ何時メモをすることを意識しておくと、いざという時に必ず役立ちます!

 

 

 - 学習アドバイス

  関連記事

  おすすめ記事