業界No.1の実績!23日の短期で学ぶ就職/転職のためのプログラミングスクール「無料PHPスクール(Webプログラミング研修&就職・転職支援)」
【毎回12人限定】【IT/Web業界にエンジニアとして就職/転職したい、18~32歳限定(国籍・学歴・経験不問)】☆未経験歓迎!

就職対策Vo.011~面接ですべき質問内容とは(後編)

   

キャリアコンサルタントのサイトウです。今回は、就職対策Vo.010~面接ですべき質問内容とは(前編)に続いて、後編を記載していきます。

 

復習ですが、前編では質問の内容として、自分が関わる業務内容に関することを中心に質問するとお伝えしました。続いて、その質問の仕方は覚えていますか?

 

深堀質問をしていくと会話のキャッチボールが継続する話しましたね。

これができないと、一方的に質問している感じがしてしまい、面接官との会話がぎこちなくなってしまいますので、会話がぶつ切りにならないように気を付けましょう!

 

 

ちなみに、この深堀質問は、簡単にできる人とそうでない人がいるので、上手にできない人は練習することをおススメします。練習さえすれば、必ずできるようになりますから安心してください。

 

では具体的にどんな質問内容をすべきなのでしょうか。業務内容以外にすべき質問は、面接官本人に関することです。

 

例えば、面接官が社長だけの場合は、社長の過去~現在~未来についてを聞いていくと良いでしょう。

 

 

また、面接官が現場のエンジニア、採用担当者であった場合も同様に、それぞれの立場の人に合わせて聞いていきます。下記に例を記載します。

 

●社長

・過去:社長様自身はなぜ、今の会社を起業されたのですか?

・現在:差し支えない範囲でお伺いしたいのですが、今現在、困っていることや課題と考えていらっしゃることはありますでしょうか?

・未来:今後、会社をどういう風にしたいとお考えでしょうか?差し支えなければ、御社のビジョンや目標、今後のビジネス展開を教えて頂けないでしょうか?

 

●現場のエンジニア

・現在:開発組織の体制はどのようになっているのですか?部長、マネージャー、メンバーの比率はどのようになっていますか?

 

●採用担当/人事

・現在:●●様にとって、御社での業務の中で、一番のやりがいを感じる時はどんな時ですか?

 

 

質問の一部を記載しましたが、このようにそれぞれの立場の人に合った質問をしていくと、面接官は気持ち良く答えてくれるでしょう。

 

調べれば分かる質問をするのではなく、直接面接官に聞かないと分からないことを質問しましょう

 

ちなみに、いきなり個人的な話を聞くと変な空気になる場合もあるので、相手との会話がスムーズになってから聞くと良いでしょう。

 

また、面接官は誰が来るのか分からないこともあるので、事前に担当者別の質問を5つ準備しておくことをおススメします

 - 学習アドバイス

  関連記事

  おすすめ記事