業界No.1の実績!23日の短期で学ぶ就職/転職のためのプログラミングスクール「無料PHPスクール(Webプログラミング研修&就職・転職支援)」
【毎回12人限定】【IT/Web業界にエンジニアとして就職/転職したい、18~32歳限定(国籍・学歴・経験不問)】☆未経験歓迎!

Pスク卒業生インタビューVo.006~シュレスタ・プラドゥマンさん

   

【Pスク63期 シュレスタ・プラドゥマンさん30歳】

――カンタンに、自己紹介をお願いできますか?(これまでの経歴)

ネパールの大学に在籍しながら、銀行やIT企業で、ERPパッケージソフトの保守やDB管理、社内ネットワーク(ActiveDirectory/プリンタ含む)の設定や保守、PC組立/トラブルシューティング、Webサイトのコンテンツ管理(CMS)を4年10ヶ月経験してきました。仕事は、大学卒業と同時に退職し、IT/Webエンジニアになるため、2013年5月に来日しました。日本語学校で2年、IT専門学校で2年勉強した後は、就活をしたのですが、IT/Webエンジニアとして、就職することができず、人材派遣会社に入社し、求人案件を獲得する営業や、求職者との個人面談、企業紹介、スタッフ研修を2年1ヶ月行いました。会社の意向で、2019年6月から企業を転籍し、コンビニの経営指導の研修を受けていましたが、30代をどう生きるかを考えた際に、やはり、日本で、IT/Webエンジニアとして、働きたいと考えるようになり、友人の紹介で、株式会社ドリーム・シアター主催のPHPスクールに入学しました。

――どうして、IT/Webエンジニア(プログラマー)になりたいと思ったのですか?

ネパールの大学に通っていた時に、PCショップでアルバイトを始めたことが、最初にPCに触れたきっかけであり、興味を持ちました。その後、銀行に就職した際、PCに関する知識があるため、社内SEになり、銀行内で使用しているパッケージソフトやWebサイトの更新、画像変更をしていく中で、本格的にプログラミングをしてみたいと思うようになしました。

――IT/Webエンジニア(プログラマー)になろうと決めた後はどうされていたのですか?

プログラミングをするなら外国でやろうと思いました。自国よりも技術が発展している国で働き、仕事以外の経験も積みたいと思ったからです。日本は技術レベルが高かったので、留学先に決めました。

――「無料PHPスクール」を知ったきっかけは何だったのですか?

前職での同僚に、IT/Webエンジニアとして就職できなかったことを相談していたところ、友人がPHPスクールを通じて、IT/Webエンジニアとして就職に成功したことを聞き、紹介してもらいました。

――他ITスクールもある中、「無料PHPスクール」に参加してみようと思った決め手は何だったのですか?

私自身の夢を実現するためには、参加することが必要だと思い、迷わず参加を決めました。また、友人が就職できていたので、自分も努力すれば必ずできると思いました。

――かなりハードだったと思いますが、「無料PHPスクール」に参加してみて、率直にいかがでしたか?(良い点・悪い点)

良い点:就職という目標を達成するまで、ドリーム・シアターが一緒に立って戦ってくれるところです。

悪い点:特にありません。

――面接用の成果物(自作Webアプリ/ポートフォリオ)は何を作ったのですか?(誰が使うどんなシステム、どんな機能を盛り込んだ、気をつけたことや拘ったポイントは?)

以下の成果物を作成しました。商品を変更するだけで、誰でも利用できる通販サイトです。制作期間は約2週間です。

●商品管理ができる、通販サイト開発
機能:ログイン/認証、会員登録、商品登録/管理、ECカート 2週間くらい

――企業面接はどうでしたか?(面接練習はどんな風にした?苦労したことは?今までと比べて変えたことはありましたか?)

面接はとても大変でした。特に相手の質問にどう答えるか、こちらからの質問内容を考えるのが難しかったです。それをクリアするために、就職前に行った合同面接ロープレで学んだことを活かし、鏡の前で話したり、友人と練習をしていました。一番難しいことは、面接官の前で日本語で上手に自分の伝えたいことを伝えることでしたので、何度も繰り返し練習することで乗り越えました。

――企業面接には何社行って、結果はいかがでしたか?(内定何社?)

14社の面接を受けた中で、2社から内定をいただきました。

――どんな基準で、企業を選んでいましたか?

最初は、バックエンドの開発を希望していましたが、途中から考え方を変更し、とにかくどんな業務でも挑戦しようと思い、いい意味でこだわりはなくなりました。

――最終的に、ベリテワークス株式会社に入社を決めた理由(入社の決め手)はなんですか?

ECサイトの開発をしたいと思っていたので、業務内容と合致したことが一番の理由です。また、技術レベルの高いエンジニアがいるので、成長できると思いました。

――面接をして内定を勝ち取ったわけですが、どこを評価されたと思いますか?

真実は分かりませんが、強いて言えば、仕事に対する情熱が伝わったからかもしれません。

――「無料PHPスクール」含め、就職活動に、ドリーム・シアターを使ってみて、良かった点はどんなところですか?

ドリーム・シアターは、就活のやり方から、実際の面接までのサポート、面接同席後のフィードバックまで、全てに寄り添ってくれ、就職するために一緒に戦ってくれることが一番良かったです!私の夢を実現するために、最高のサポートをしてくれました。

●技術責任者の西さんに認められるような、フルスタックで何でもできるエンジニアになりたいです!

――入社当初は、どのようなお仕事からスタートしたのですか?

最初は、スキルチェックをするための課題があり、それ以降2週間くらいは、マジェントを触り使い方を勉強しました。慣れた後、実際の業務に入り、ECサイトのフロント部分の修正をしました。(HTML/CSS)現在は、PHPでバックエンドも触っています。私が担当している顧客は、バイクや自転車を販売している企業で、そのECサイトの修正や機能追加を行っています。

――入社当初、不安はありましたか?

はい、入社前は少し緊張しましたが、一緒に仕事をしていく中で、すぐになくなっていきました。今は、一緒に仕事をしながら新しいことを学ぶことがとても楽しいと感じています。

――今現在は、どのようなお仕事を担当されているのですか?プログラミングとそれ以外の比率はどんな感じですか?

バイクパーツや自転車パーツを販売している企業が顧客で、ECサイトのフロント修正をしています。(HTML/CSS/PHP)

――入社後の良い意味でも、悪い意味でも、何かギャップはありましたか?会社に対して、業界に対して、面接時の印象と、入社してから感じる、社内の雰囲気(社風)に違いはありますか?

特にギャップはありませんでした。大事なのは、与えれた業務を遂行し、会社のルールを遵守して働いていくことですので、不安や不満もありません。

――実際に仕事をやってみて、自分が「エンジニアに向いているかもしれない」と思うときはありますか?

今の仕事は、自分がやりたいことなので、合っていると思います。仕事も楽しいし、いい仕事を選択したと思います(笑)。新しい知識を身につけることが楽しく、何でも学ぶことが好きなので、エンジニアに向いていると思います。人間は死ぬまで勉強です。

――エンジニアとして、ビジネスパーソンとして、大切にしていることは何かありますか?

仕事は難しいですが、諦めずに継続することが大切だと思っています。常に困難はありますが、最も重要なことは継続することです。

――エンジニアにとって、プログラミング以外に大切なことって、何だと感じていますか?

まずは身体の健康が一番です。仕事をする上では、ストレスがあって当たり前なので、それをどう受け止めて、乗り越えるかが大事です。

――プログラミング以外に勉強していることは何かありますか?

特にありませんが、コミュニケーション力(日本語能力含む)を上げるよう、報連相を意識して行動しています。業務では、社長や技術責任者に進捗を報告しながら進めたり、顧客への報告書をいかに分かりやすく書くかを考えています。

――シュレスタさんは、どんな子供だったんですか?

新しいアイデアを考えるのが好きで、それを実行するために勉強したりしていました。15歳くらいからは、YouTubeを見てやりたいことを勉強していました。

――今後は、どのようなエンジニアになりたいと思っていますか?

技術責任者の西さんに認められるような、フルスタックで何でもできるエンジニアになりたいです!

――今後、どんなことに挑戦していきたいと考えていますか?

今はできていない業務を任せてもらえるように、マジェントに関する新しい知識、知らない情報を仕入れて勉強していきます。自分の悪い所は改善し、昨日の自分よりも成長していくために、常にチャレンジしていきたいです。

――今後、どんな人と働いていきたいですか?

私が持っていない新しい知識を持っている人と、新しいことを学びたいと願う人と一緒に働きたいです。

――ありがとうございました!最後に、これからIT/Web業界に就職しようと考えている「PHPスクール生」に、先輩として、何かアドバイスをお願いできませんか?

PHPスクールは、IT/Webエンジニアを目指す方にとって、最も適切な場所です。実際の授業は難しい場合がありますが、必ず乗り越えていけるはずですので、私の言葉を信じてください。面接でも万全のサポートがありますので、最終的には、最高の結果になることでしょう。途中で諦めずに、頑張ってください!!

 - Pスク卒業生インタビュー

  関連記事

  おすすめ記事