業界No.1の実績!23日の短期で学ぶ就職/転職のためのプログラミングスクール「無料PHPスクール(Webプログラミング研修&就職・転職支援)」
【毎回12人限定】【IT/Web業界にエンジニアとして就職/転職したい、18~32歳限定(国籍・学歴・経験不問)】☆未経験歓迎!

Pスク卒業生インタビューVo.009~O・Hさん

   

【Pスク63期 O・Hさん29歳】

――カンタンに、自己紹介をお願いできますか?(これまでの経歴)

大学卒業後、大手食品メーカーで、生産管理やパートの勤怠管理を3年10ヶ月、経験しました。大学で、Javaやネットワークを中心に、IT技術を学んだものの、環境構築に苦労した苦い経験から、IT/Web業界は私にはムリだと、諦めていましたが、心の中で、ずっと違和感を感じていたのです。

そんな時、仕事の息抜きに、何気なく、プログラミング学習サイトを見たり、書籍を購入して、アンケートフォームを作成する中、大学時代よりも、内容を深く理解でき、面白い!楽しい!という思いが、芽生えてきて、プログラミングにのめり込んでいきました。

それがきっかけとなり、本格的にプログラミングを学ぶため、前職を退社し、PHPスクールに入学しました。

――どうして、IT/Webエンジニア(プログラマー)になりたいと思ったのですか?

最初のきっかけは、大学で、Javaやネットワークを中心に、IT技術を学んだことですが、当時は、環境構築で挫折してしまったんです。。。今はそんなことはありませんよ(笑)。

たぶん、プログラミングは、普通の人はできないと思うので、人にできないことを、できるようになりたい!って思いました!また、知的なイメージもあり、憧れもありますね!

――IT/Webエンジニア(プログラマー)になろうと決めた後はどうされていたのですか?

まずは独学でPHPの学習を始めました。ネットだと上場があり過ぎて迷ってしまったので、1冊の書籍から始めました。

そのサンプルソースコードを参考にして、アンケートフォームを作成して、やっぱり楽しい!って思いましたね。PHPは初めて学びましたが、やりやすかったです!

――「無料PHPスクール」を知ったきっかけは何だったのですか?

ネットで「無料プログラミングスクール」で検索していて見つけました。すぐに説明会に参加をしましたよ!

――他ITスクールもある中、「無料PHPスクール」に参加してみようと思った決め手は何だったのですか?

PHPだけを集中して学びたかったんです!他のスクールは、Javaがメインのスクールが多かったので、PHPはそこまで力を入れている印象は受けなかったのです。やるからには、PHP一本でやると決めていました!

――かなりハードだったと思いますが、「無料PHPスクール」に参加してみて、率直にいかがでしたか?(良い点・悪い点)

良い点:23日間という短期間なので、集中して学ぶことができました。
悪い点:授業はコードを読んで理解するのがメインなので、成果物をつくる際に、イチから自分でコードを書くのが苦労しました。

――面接用の成果物(自作Webアプリ/ポートフォリオ)は何を作ったのですか?(誰が使うどんなシステム、どんな機能を盛り込んだ、気をつけたことや拘ったポイントは?)

制作期間は、約1ヶ月です。こだわったことは、PHPスクールで学んだことを活かすため、MVCモデルで作成したところです。

●食品製造向け分量/所要時間計算サイト開発
機能:ログイン/認証/ログアウト、新規登録、商品情報、材料情報、計算、検索

――企業面接はどうでしたか?(面接練習はどんな風にした?苦労したことは?今までと比べて変えたことはありましたか?)

履歴書に書いた自己紹介を自然に話せるように、自宅で一人練習しました。毎日1時間くらいはやっていたと思います。最初は暗記した内容を喋るだけでしたが、練習していくうちに、自分の言葉で話せるようになり、自信がつきましたね!

――企業面接には何社行って、結果はいかがでしたか?(内定何社?)

17社の面接を受けた中で、3社から内定を頂きました。

――どんな基準で、企業を選んでいましたか?

仕事内容、休日、給与などを総合的に考えていました。業務内容は、すぐではなくてもいいが、開発ができる環境がある企業を希望していましたね。また、土日祝日は休みを希望していて、その時間を使い勉強をしたいと考えていました。

入社後は、休日を使って、1日3時間くらいはPCに向き合い、SQL、Java、Unityを勉強しました。

――最終的に、現在の会社に入社を決めた理由(入社の決め手)はなんですか?

一番社員の方の雰囲気が良かったのが決め手です。また、仕事内容や給与、休日なども求めている条件に合っていました。

面接官も話しやすかったのですが、4、5人の社員の方と話す時間もあり、とてもフレンドリーに話してくれたので、ここならいいかも!と思いました。

また、案件も多く、先輩社員もいる現場に入れることは、とても安心しました!

――面接をして内定を勝ち取ったわけですが、どこを評価されたと思いますか?

正直わかりません(笑)。

――「無料PHPスクール」含め、就職活動に、ドリーム・シアターを使ってみて、良かった点はどんなところですか?

3週間くらいの就職活動でしたが、フォローがしっかりしていたので、17社の面接だけに集中することができたので、とてもやりやすかったです!

フォローは、面接同席、同席後のフィードバック、質疑応答の助言など、客観的なアドバイスがためになりました!

●早く一人前のエンジニアになりたいです!

――入社当初は、どのようなお仕事からスタートしたのですか?

福祉事業サービス会社が使用している、介護システムのマイグレーション(入れ替え)を行うプロジェクトを担当しました。

そのシステムは、提供している企業がサポートを終了するそうで、企業が困っていました。そこで、別の企業が提供している新しいシステムを導入することになり、私は総合テストを約3ヶ月間担当しました。

テスト自体が初めてでしたが、とてもいい経験になりました!

――入社当初、不安はありましたか?

もちろんありましたよ(笑)!仕事が務まるかどうか、長くやっていけるかどうかが不安でした。。。

最低でも3年は、どんなことがあっても辞めないと決めていましたが、これまでとは、全然違う業界なので不安はありました。

――今現在は、どのようなお仕事を担当されているのですか?プログラミングとそれ以外の比率はどんな感じですか?

現在は、地方銀行の融資支援システムがあり、私の担当している工程は保守業務です。

開発自体は、オフショアで行っており、エラーの情報があれば、私のチームで検証し、修正できるレベルであれば、その場で修正しています。

そうでない場合は、ベトナム、ミャンマーの拠点に連絡して修正依頼をした後、2重に最終確認を行い、顧客に納品しています。

今の現場では、基本的に開発業務はありませんが、保守の範囲内でのコード修正はあります。

――入社後の良い意味でも、悪い意味でも、何かギャップはありましたか?会社に対して、業界に対して、面接時の印象と、入社してから感じる、社内の雰囲気(社風)に違いはありますか?

ギャップとは違いますが、ITのシステム業界は、雇用形態が複雑だと思いましたね。元請けから、自分の立ち位置までに、いくつもの商流があり、現場の方との立ち位置も考えなければなりません(笑)。

また、仕事は思っていた以上に覚えることが多く、環境構築を完了するまでにとても時間がかかりました。

私が大学時に経験したこととは、比べ物になりません。でも挫折はしていませんよ!

――実際に仕事をやってみて、自分が「エンジニアに向いているかもしれない」と思うときはありますか?

これが向いているということはありませんが、強いて言うならまだ仕事を続けている点でしょうか(笑)!?

この業界は、おそらく、向いてない人はすぐ辞めると思います。本当に向いていない人には向いていないですよ。

とはいっても、私も入社後に心が折れたことがあり、仕事が前に進められないことがありました。その時は、上司に聞いて乗り越えることができました。1人で悶々としていてもいいことはないですね!

――エンジニアとして、ビジネスパーソンとして、大切にしていることは何かありますか?

どんな状況でも腐らないようにすることです!仕事は、興味のない業務もありますが、その中でも面白みを探すようにしています。

最低でも3年は続けないと、自分の経歴書汚してしまうと思います。。。

――エンジニアにとって、プログラミング以外に大切なことって、何だと感じていますか?

圧倒的にコミュ力です!エンジニアって、黙ってPC叩いているイメージがありませんか?

でも実際は、チームで仕事をしているため、私の場合は、1日最低でも3人以上人と密に話をしなければなりません。

これができないと仕事ができないと同じことですからね。

――プログラミング以外に勉強していることは何かありますか?

業真面目かって思われるかもしれませんが、業務で使うツールを自宅でもできる限りインストールして、復習しています!

これをやっておくと、忘れないし、本当に身につくのです!ぜひおススメします!

――奥貫さんは、どんな子供だったんですか?

あまり将来を考えていなかったですね(笑)。幼少期もそうですが、大学生の頃も「今」を最優先にしてきました。ちなみに今は、将来も考えていますよ!

――今後は、どのようなエンジニアになりたいと思っていますか?

早く一人前のエンジニアになりたいです!今は先輩の下にいますが、いずれは1人で現場に入れるようにスキルを積んでいきます。

先輩ありきの現場ではなく、自分の力で仕事を取ってきたいです。そうすれば、自分のやりたい業務に携われることができるじゃないですか!全て自分次第だと思います!

――今後、どんなことに挑戦していきたいと考えていますか?

開発や保守もそうですが、やったことのないことにはどんどん挑戦していきたいです!やってみないと分からないですし、経験する全てのことは、自分のスキルになりますからね。日々勉強です(笑)!

――今後、どんな人と働いていきたいですか?

できれば、現場でイライラしたり、怒らない人がいいです(笑)。

せっかく働くなら、対人関係でストレスを感じることなく、いい雰囲気で働きたいですし、その方がより集中できて、いいサービスが作れると思います。

チーム全体の関係は、とても大事ですね!

――ありがとうございました!最後に、これからIT/Web業界に就職しようと考えている「PHPスクール生」に、先輩として、何かアドバイスをお願いできませんか?

もしかしたら、皆さんの中で、IT/Web開発エンジニアは、プログラミングができれば大丈夫と思っている人はいませんか?

実際は、プログラミングができるだけでは通用しません!必要なのは、環境を構築することから始まり、そのためのツールやシステムをインストールしたり、必要な知識を学ぶなど、山ほどあります!

そして何より一番大事なのは、コミュニケーション力です。これは肝に銘じておいてくださいね!

一人だけで働くことはありませんので、周囲の方と円滑に仕事を進めてことが大事です。

皆さんの目指す業界は、想像以上に大変なことも多いと思いますが、信念を持って取り組めば、必ず成長して、夢が実現できると思いますので頑張ってください!!

 - Pスク卒業生インタビュー

  関連記事

  おすすめ記事