業界No.1の実績!23日間、「非常識な方法」で学ぶ、就職/転職のための「無料PHPスクール(Webプログラミング研修&就職・転職サポート)」
【毎回12人限定(年8回/3ヶ月に2回開講)】【IT/Web業界に就職/転職したい、18~32歳限定(国籍・学歴・経験不問)】☆未経験歓迎!

IT業界への就職先選び

   

就活生の頭を悩ませるものの一つが業界選びです。たくさんある中から、どのような業界があって、自分に合っているのか考えすぎてしまう人も少なくないと思います。よって、この就職するための業界選びをまとめてみました。

■複数の業界を選んでみよう!

まず、業界を選ぶ際には1つに絞ることは避け、いくつからの業界を選んでおく方がいいでしょう。なぜかというと、1つだけに絞って会社に受かればいいのですが、落ちた場合に気持ちが落ち込んでモチベーションが上がらないといった事になりかねないからです。

1つだけに絞ってスムーズにいけばバッチリOKなのですが、就職はそんな容易にいくようなものではありません。もしものために、この業界がダメだったとしても次にいけるように柔軟に複数の候補をもつことをおススメします。

■自分の興味がある業界を調べよう!

就職をする際の業界選びをするときには、複数の業界を選ぶのが大切と上記でも記載をしましたが、選ぶ際にはどっぷりと調べる必要はなくまんべんなく浅く調べていく方がいいと感じます。なぜなら、自分の思いもよらなかった方向性の業界が出現する可能性があるからなのです。

このように、まんべんなくあらゆる業界を見ていくことによって視野が広がり最適な業界を選び出す道筋になることでしょう。

■自分の目で業界を確かめよう!

自分の興味がある業界を調べたところで、次に疑問になるのが、この情報は本当に正しいのか?ということだと思います。その業界にいない友人や知人、そしてネットの情報というのは、表面だけのものにすぎないのであなたが本当にやりたいことなのか、合っているのかというのは、実際に自分の目で判断するしか方法はありません。

ということは、本当にここに就職したいという気持ちがあれば、自分の足を使って実際に業界に働いている人に話を聞いたりして時間とエネルギーを使って行動することが必要になるということです。時間や交通費などの賃金がかかることもあるかと思いますが、手間はすべて自分のプラスになってかえってくると考え行動してみることがいいでしょう。

■どの業界でも求められるプログラミングスキルは就職に有利!!

プログラマーの就職先としてIT業界を思い浮かべますが、一口にIT業界といっても、その就職先は多岐にわたります。例えば、WEB、ソフトウェア開発、金融、エネルギー等といったところが挙げられますし、プログラミングの知識を有している人材の需要はこれからも増えることはあっても減ることはありません。

 - コラム

  関連記事

  おすすめ記事