業界No.1の実績!23日の短期で学ぶ就職/転職のためのプログラミングスクール「無料PHPスクール(Webプログラミング研修&就職・転職支援)」
【毎回12人限定】【IT/Web業界にエンジニアとして就職/転職したい、18~32歳限定(国籍・学歴・経験不問)】☆未経験歓迎!

就職対策Vo.079~面接対応は、企業によって変化させていく

   

キャリアコンサルタントのサイトウです。今回は、面接でのやり取りについてです。

 

あなたが面接を受ける場合、企業からの質問に、上手に受け答えはできていると思いますか?

複数社の面接を受ける場合、同じ質問もあれば、違う質問もあるでしょう。

 

事前に想定できていればいいのですが、全ての質問がそうではないと思います。

 

 

質問

 

 

面接官とのやり取りは、コミュニケーションが大事です。

簡単に質問をしているようですが、質問の裏には必ず、聞きたい意図があるのです。

 

例えば、こんな質問があるとします。

 

「将来どんなプロジェクトに関わりたいですか?」

 

この時に、あなたの素直な気持ちを話すことは大事なのですが、気をつけなければならないポイントがあります。

 

それは、その会社で実現可能な範囲で答えるということです。

 

 

将来の夢?

 

 

面接を受けている企業が、業務系システム開発会社なのに対して、CtoCの案件に関わってみたいと答えたらどうでしょう。

 

「当社では実現できないので、他社を受けてみてはどうですか?」

と言われる可能性があります。

 

もちろん、このような極端な答えはないと思いますが、うっかり本音を言い過ぎてもダメなのです。

 

面接官は、企業にあなたが必要だと思わない限り、内定を出しません。

 

 

内定

 

 

面接では、企業側に一緒に働くイメージをしてもらい、採用しないとダメだと思われないとダメなのです。

 

企業の採用計画に、あなたがベストマッチだと感じてもらう必要があるのです。

そのためには、企業研究を怠らず、改善を繰り返すことが一番です!

 

 - 学習アドバイス

  関連記事

  おすすめ記事