業界No.1の実績!23日の短期で学ぶ就職/転職のためのプログラミングスクール「無料PHPスクール(Webプログラミング研修&就職・転職支援)」
【毎回12人限定】【IT/Web業界にエンジニアとして就職/転職したい、18~32歳限定(国籍・学歴・経験不問)】☆未経験歓迎!

就職対策Vo.075~質問することは恥ずかしくない

   

キャリアコンサルタントのサイトウです。本日は、入社してからの行動についてを考えてみます。

 

あなたは、新しい資格を取得するために勉強をしていると仮定します。

その状況で、自分ではどうしても分からないことが出てきました。

そんな時、あなたはどのように対処していきますか?

 

・自分でググる

・書籍を探す

・人に聞く

・あきらめる

 

調べる

 

おそらくほとんどの人は、まず自分で調べることをするでしょう。

なぜかというと、このネット社会では、調べて分かることが多く、時間をかければそれなりに答えが見つかるからです。

 

また、専門書を購入して勉強する人もいるかもしれません。

これも求めていることが書いてある可能性もありますね。

 

では、人に聞くのはどうでしょうか?

 

人に聞く

 

もしかしたら、自分が分からないことを、人に聞きづらいと思っている人も多いのではないでしょうか?

他にも、恥ずかしいと思ったり、聞いたら負けなんて思う人もいるかもしれません。

 

では本当にそうでしょうか?

人に聞くことは、恥ずかしいことですか?

聞いたら負けですか?

 

私は、分からないことをそのままにしている方が、よっぽど気持ち悪いです。

 

不快

 

人それぞれの感情は違いますが、分からないことを人に聞くことは、決して恥ずかしいことではありません。

もちろん、自己解決できることが理想ですが、そうもいかない時もあるでしょう。

 

そんな時は、知っている人の力を借りて、インプットし、アウトプットをすることで、あなたの知識にすればいいのです。

ある程度自分で調べても分からない場合は、このような手段を取ることは決して悪いことではありません。

 

未知のことに対しては、進むことを躊躇することもあるかもしれません。

そんな時は、あなた自身が成長するチャンスなのかもしれません。

 

恐れずに進んでいくのか、それとも、知らんぷりをして他の道を進むのか。

あなたが選択した結果で、未来が変わってくるかもしれませんね。

 

 

 - 学習アドバイス

  関連記事

  おすすめ記事