業界No.1の実績!23日の短期で学ぶ就職/転職のためのプログラミングスクール「無料PHPスクール(Webプログラミング研修&就職・転職支援)」
【毎回12人限定】【IT/Web業界にエンジニアとして就職/転職したい、18~32歳限定(国籍・学歴・経験不問)】☆未経験歓迎!

就職対策Vo.048~内定取得後は、じっくり考えるべし

   

キャリアコンサルタントのサイトウです。今回は、内定取得後の話をしていきます。

あなたが就活をしているとします。複数社の選考中ですが、第1志望の企業から内定を取得したとします。

あなたは、その企業に即決で入社を承諾しますか?

誰しも、第1志望の企業から内定が出れば、行きたくなる気持ちになるでしょう。

このような状況で即決することは、一見すると自然に見えるかもしれません。

 

 

ここで大事なのは、他社の選考が残っていることです。

選考が残っているということは、内定の可能性も残っているということになりますよね。

また、正式には条件面も提示されていないので、あなたの想像とは違うかもしれません。

つまり、現時点では、内定が1社なので、入社する企業を選べる状態ではないのです。

この状態では、即決するのは少し早いかもしれません。

 

 

もちろん、選ぶ必要もなく、ダントツで行きたい企業であれば、即決してもいいでしょう。

ただ、少しでも迷ったり、選考中の企業が気になっている場合は、最後まで選考を受けきることをおススメします。

 

 

就活の理想は、あなたが行きたい企業から内定通知書をもらい、入社することですよね。

そのため、行きたい企業が明確に定まっていない場合は、内定通知書を複数社から取得して、選ぶことが望ましいでしょう。

内定通知書を取得することで、現状のあなたに対する評価を知ることができます。

また、面接を通して、入社後の業務内容のイメージができてくるはずです。

 

それを経て、入社したい企業はどこなのかを考えても遅くはないはずです。

長い期間働くことになる企業ですから、慎重に考えて決めることをおススメします!

 

 

 - 学習アドバイス

  関連記事

  おすすめ記事