業界No.1の実績!23日の短期で学ぶ就職/転職のためのプログラミングスクール「無料PHPスクール(Webプログラミング研修&就職・転職支援)」
【毎回12人限定】【IT/Web業界にエンジニアとして就職/転職したい、18~32歳限定(国籍・学歴・経験不問)】☆未経験歓迎!

就職対策Vo.038~ネガティブなことを他責にするのは危険

   

キャリアコンサルタントのサイトウです。今回は、面接の中で、マイナスの要素について質問された時の対応を記載していきます。

あなたは、自分の履歴書職務経歴書の内容は、面接する上で100点満点中、何点くらいのでき栄えですか?

 

おそらく、100満点をつける人は、ほとんどいないと思います。

つまり、どんな候補者が面接をしたとしても、企業としては、ツッコミどころがあるということです。

 

 

ツッコミどころとは、学歴や職歴、趣味や出身地など、必要書類に記載してあることであれば、全てが対象になります。

面接官は、あなたの書類を見ながら、質問事項を考えています。

そして、あなたの化けの皮を剥がそうとしているのです。

そう考えていると思って間違いありません。

 

 

では、そんな時は、どのようにして対応していけばよいのでしょうか?

あなたの履歴書や職務経歴書には、ネガティブな情報もあるかもしれません。

よくツッコまれることとして、以下のことがあります。

 

・学校を中退した理由

・アルバイトをいくつも経験している場合の理由

・会社を辞めた理由

 

新卒者の場合は、ほとんどないかもしれませんが、転職をする場合の退職理由は、100%聞かれます。

 

 

このように、ネガティブなことに関して質問をされた場合は、落ち着いて冷静に答えましょう。

決して嘘をついてはいけませんが、ありのままに正直に話すのも、面接ではあまりよくはありません。

 

ツッコまれる内容と理由は、人それぞれだと思いますが、共通して言えることは、他責にしないということです。

どんな理由であれど、あなたにも非があり、改善することはできたと伝えるべきでしょう。

 

もし、全てをありのままに他責にしてしまうと、これからも同様のことがあっても自分のことは考えずに、仕事をしていく人だと、面接官は思うはずです。

 

大事なのは、全てを他責にせず、前向きな理由相手に伝えるべきです。

何事も自責の念を持つことで、あなた自身が成長していくはずです!

 - 学習アドバイス

  関連記事

  おすすめ記事