業界No.1の実績!23日の短期で学ぶ就職/転職のためのプログラミングスクール「無料PHPスクール(Webプログラミング研修&就職・転職支援)」
【毎回12人限定】【IT/Web業界にエンジニアとして就職/転職したい、18~32歳限定(国籍・学歴・経験不問)】☆未経験歓迎!

就職対策Vo.019~面接はベストなコンディションで臨むべし!

   

キャリアコンサルタントのサイトウです。今回は、面接に臨む前の基本的なことを記載いたします。

 

あなたが面接をする場合、その日の朝は、何時間前に起床しますか?おそらく余裕を持って起きることでしょう。

大事な日には遅刻してはいけませんから、必然的に早めに準備していきますよね。

 

「就職対策Vo.003~企業面接時は1時間前行動を」でもお伝えしましたが、余裕を持った行動が必要です。

時間的なことも大事なのですが、体調のコンディションを整えておくことも大事なことなのです。

 

 

人は、起きてからすぐには本調子になれませんので、シャキッとするにはシャワーを浴びることもよいですね。

また、朝食忙しくても時間を作って食べるようにしましょう。

朝を抜いてしまうと、頭に栄養が回らず、エネルギー不足になってしまいます。

 

また、見落としがちなのは、面接でハッキリとした大きな声をだせる準備をしているかどうかです。

例えば、一人暮らしの場合、面接に行くまでに、誰かと電話をしない限りは、声を出すことはほとんどないと思います。

そうすると、面接本番でベストな状態で臨めるのでしょうか?きっとベストではないですよね。

 

 

私の知人が転職する時の話です。彼は、1次面接当日は早く起き、朝食を食べた後、企業の最寄り駅である「新宿駅」に到着してから、ある場所へと入っていきました。

さてある場所とはどこでしょうか?

 

答えは、カラオケボックスです。

そこで何をしたかと聞くと、1人で1時間半の間、好きな歌を大声で歌い、声のコンディションをMAXにしたそうです。

腹から声を出すことで、身体全体を目覚めさせて、面接に臨んだそうです。

 

 

彼は、それを2次面接も繰り返した結果、内定を取り、入社することができました。

これは極端な例ですが、声を出すことはとても大事なことです。特に早い時間に面接がある場合は、体調をベストにして臨むことが必要です。

 

・朝は余裕を持って早く起きる

・シャワーを浴びる

・朝食を取る

・時間に余裕を持って行動する

・声を出す

 

体調管理はとても大事なことですので、最低限できなくてはいけません。

そして、さらに準備をすることで、最高のパフォーマンスを発揮することができます。

忙しい、恥ずかしい、面倒臭いという気持ちを乗り越え、面接に向けての体調準備を実践していけば、明るい未来が待っているはずです!

 

 - 学習アドバイス

  関連記事

  おすすめ記事