業界No.1の実績!23日の短期で学ぶ就職/転職のためのプログラミングスクール「無料PHPスクール(Webプログラミング研修&就職・転職支援)」
【毎回12人限定】【IT/Web業界にエンジニアとして就職/転職したい、18~32歳限定(国籍・学歴・経験不問)】☆未経験歓迎!

就職対策Vo.015~自分のことを知っていますか(履歴書)

   

キャリアコンサルタントのサイトウです。今回は履歴書の作り方についてを記載していきます。

 

就活には、履歴書が必須です。あなたは、履歴書を書いたことがありますか?アルバイトの面接用の履歴書なら書いたことがある人が多いかもしれません。

 

今回は、就職活動用の履歴書なので、より細かく、魅力的な履歴書にする必要があります。

履歴書の書き方は、Webで検索するとたくさん出てきますので、すでに勉強しているかもしれません。

 

 

今回は、履歴書を作成する際にポイントとなる項目をお伝えいたします。

履歴書は、面接官が一番最初に目にするあなたの情報です。つまり、会うよりも先に、書類である程度判断されてしまいます。

つまり、履歴書の内容が魅力的でなければ、面接には進まないのです。

 

では、魅力的にするとはどういうことでしょうか?一番分かりやすく魅力を伝えるのは、相手にできるだけ具体的なイメージをさせることです。

具体的とは、数字を記載するということです。エピソードや事例などに数字を盛り込むことで、イメージが沸きやすくなるのです。

 

 

例えば、以下のどちらかの方がイメージが沸きやすいでしょうか?

 

① 趣味は、学生時代にやっていたサッカーです。

② 趣味は、小学校3年生から現在まで11年間続けているサッカーです。

 

答えは②ですよね。ご覧の通り、数字があった方が、具体性と説得力が増すのが分かります。

 

履歴書を書くということは、自分の今までを振り返り、整理することが必要です。これは、いきなり書類にまとめることは難しいと思いますので、一度自分のこれまでの人生を振り返り、棚卸しすると良いでしょう。

 

 

その際に参考にする書き方は、「過去~現在~未来」の順に書いていくことです。自分の人生をストーリーのように表現するのです。

これをすることで、自分の過去を整理することができ、やりたいことの動機が明確になるはずです。

 

企業が一番最初に目にする履歴書だからこそ、手を抜かずに、魅力ある履歴書にして面接のチャンスを掴んで欲しいと思います!

 

 - 学習アドバイス

  関連記事

  おすすめ記事