業界No.1の実績!23日の短期で学ぶ就職/転職のためのプログラミングスクール「無料PHPスクール(Webプログラミング研修&就職・転職支援)」
【毎回12人限定】【IT/Web業界にエンジニアとして就職/転職したい、18~32歳限定(国籍・学歴・経験不問)】☆未経験歓迎!

無料PHPスクール⑥~「知っている」と「出来る」は全く違う!

   

知識(知っている)と行動(出来る)のギャップを埋める5つのポイント

  • 1.「どうやって?」より、ます「なぜ?」
    大事なのは、やり方やテクニックではなく、その裏にある哲学や背景です。「何をするのか」だけではなく、「なぜそうするのか?」を知る必要があります。
  • 2.「行動すること」や「教えること」で、本物の知識は身につく。
    問題にぶつかって初めて「何となく分かる」という段階から「知識が身につく」段階になります。実際に教えたり、実行したりする立場に立たなければ、それは本物の知識(経験から得た知識、洞察力)にはならない。
  • 3.素晴らしい計画やコンセプトよりも行動が勝る
    たくさん試してみる。効果のあるものとないものが分かる。そこから得た知識を検討する。もう一度、試してみる。知識に裏打ちされた試行錯誤は、完璧な頭脳が立てた計画に勝る。
  • 4.行動すれば間違いも起こる。
    学習には「失敗」がつきもので、人は失敗からも学びとれる。学習とは「試してみること」の延長である。失敗を怒りの対象としないように。
  • 5.恐怖心はギャップを広げる。ます、恐怖心を追放しよう。
    プレッシャーや恐怖心があると、思いがけない過ちをしたり、無差別な行動に走ったりする。失敗も学習のチャンスと考えること。ただ、そもそも失敗は悪いことではない。一番ダメなのは、行動しないこと!!知識を行動に変えよ!!

 - 学習アドバイス

  関連記事

  おすすめ記事