業界No.1の実績!23日の短期で学ぶ就職/転職のためのプログラミングスクール「無料PHPスクール(Webプログラミング研修&就職・転職支援)」
【毎回12人限定】【IT/Web業界にエンジニアとして就職/転職したい、18~32歳限定(国籍・学歴・経験不問)】☆未経験歓迎!

無料PHPスクール④~初歩段階(1~4日目)での学習の仕方

   

  • 一言でいうと「習うより慣れろ」ということですが、「概念的なことに拘り過ぎないこと」が大事です。もちろん、ケースバイケースですが、「概念的な理解」を基礎の段階で「重視しすぎない」ことが大切です。完璧な理解を、最初から求めない方がよいです。
    まずは、「写す(写経する)こと」「似たパターンの問題を解けるようにすること」に注力してください。それを、「繰り返す」ことで「分かる」ようになることが多いです。一般的には、「分かる」→「解ける」という流れだと思いますが、「(繰り返し)解く」→「分かる」という流れの方が自然かと思います。
    また、「今は完全には、分からなくてもやっている内に分かるだろう」という考えも大切です。いろんな受講生を見てきましたが、スクール期間中に、何度もソースを見ている内に「気づいたら、できていた」「分かるようになっていた」という状態になる方が多いです。逆に言うと、「慣れ」が必要なので、どうしても「量」をこなさないとダメです。私も今、勉強していても分からないことが結構出てきますが、上記のような考え方を持っていますので、余りストレスに感じません。そして、実際に「その内、分かる」ことが多いのも事実です。
    そのためには、よく分からなくても、とりあえず「コードを見る」「写して見る」「動かして見る」という経験が必要です。もちろん、全く理解できなくてはダメですし、疑問点は聞いてくださいね。あくまで量をこなして、「慣れを作る」のが、当初は大切という意味です。
    真面目な方に多いのですが、「なぜそうなるのか?」の理屈を理解することにこだわり過ぎて、前に進めない方に多く出会います。もちろん、「なぜそうなるのか?」を考えることは非常に大切ですが、「当初は」良い意味で、「イイ加減」になることが大切かと思います。

 - 学習アドバイス

  関連記事

  おすすめ記事