BtoB/BtoC/CtoC向けECサイト/マッチングサイト構築と、基幹システム開発・連携に強い、Webシステムコンサルティング会社
Dream Theater 株式会社ドリーム・シアター
お問い合わせ お気軽にご相談下さい
090-3509-3242 9:00-18:00(土日祝日除く)

DTの強み  DT's STRENGTHS

HOME  /  DT's STRENGTHS

思いをカタチ作る

当社のシステムづくりは「お客様の夢」を応援するために全力で働きます。
お客様が、何のために、なぜそれを作りたいのか、
なぜそれを使いたいのかを徹底的に理解した上で、
システムを形作り、サービスを提供してまいります。

ECサイトサンプルコード無料プレゼント
キャリアチェンジ
Java/PHPエンジニア人材情報メルマガ

企業名

担当者様お名前

メールアドレス

集客ノウハウ
DTトップ
会社情報
採用情報

私たちドリームシアターの強み

  • 1. 充実の基本仕様と確かな性能
  • お客様が、10年にわたり快適にシステムをご利用いただくために、株式会社ドリーム・シアターがこだわる基本仕様と性能があります。
  • 2. 信頼の保証体制
  • 株式会社ドリーム・シアターのシステム開発は、「万が一何かあったとき」のために、瑕疵担保責任の安心保証を完備しています。
  • 3. 株式会社ドリーム・シアターのこだわり
  • 「その機能は絶対に必要なのか?」「JavaやPHPで作る必要があるのか?」
  • 4. お打ち合わせに関して
  • お客様が納得できるまで、ゆっくりじっくり何度でも打ち合わせすることができます。とにかくご縁のあるお客様が、システムづくりに失敗することが無いよう、常にベストを尽くし続けます。
  • 5. ユーザーサポート
  • システムを作った後も安心のサポート体制。御社のシステムをサポートいたします。 サーバがダウンしてしまった。サイト表示がおかしくなってしまった。などなど、システムが止まると日常業務に支障をきたします。また、このような事故は何の前ぶれもなしにやってきます。株式会社ドリーム・シアターでは、このような時のために、万全のサポートを行い、お客様の安心と安全を第一に考えています。
  • 6. システム納品後のコミュニケーション(アフターフォロー)
  • お引渡し後、お客様が気になることがあり、私たちに連絡をとろうとした時に、気を使ったり躊躇してしまうようなことがあってはならない、と私たちは考えています。そんな時は、気軽に遠慮なく私たちにいつでもご連絡、ご相談いただきたい。メンテナンスはもちろんのこと、ちょっと気になることがあった際も気軽に声をおかけいただきたい、と私たちは考えています。システムは、使い始めてから数年経過すると、いろいろと気になるところが出来てきます。例えば・・・。こうした些細なことが気になった際でも、遠慮なく私たちに聞いていただける関係でありたい。
  • 7. 社員教育に徹底的に取り組んでいます
  • システムづくりにアドバイスをさせていただくということは、深い業務知識やIT/Web知識、正しいものの見方や考え方をスタッフが持っていなければならないとドリーム・シアターは考えています。

アドバイザーおよび開発担当者

担当1

小坂祐二(こさか・ゆうじ)

【使用言語】:PHP、HTML5/CSS3、JavaScript、ActionScript2.0、EC-CUBE、WordPress、VBA、Ruby、Linux(CentOS/RHEL/Debian/fedoraCore)、MacOS、MySQL、PostgreSQL

【保有資格】:日商簿記2級

【得意分野】
・Web集客(売上アップ)および、業務改善(コスト削減)コンサルティング
・それに伴う、Webサイト制作および、Webシステム開発(仕組み作り)
・事業計画書作成、B/S・P/L作成、決算書類作成

【主な経験プロジェクト】
・医療系人材紹介会社向けWebコンサルティング(KPI設定/調査/原因分析/対策/ABテスト/売上アップ/業務改善)
・食品系システム会社へのWebコンサルティングおよび研修(コンサルティング手法のノウハウ提供/社員研修/営業同行/企画提案)
・医療系コンサルティング会社にてビッグデータを活用したWebシステム開発・運用・保守
・大手ファストフードチェーン向けブランドサイト/アルバイト採用サイト/レストランチェーンサイト(企画~提案~制作~運用・保守)
・大手喫茶店チェーン向けコーポレートサイト(企画~提案~制作)
・大手上方鮨チェーン向けコーポレートサイト&ECサイト(企画~提案~制作・開発~運用・保守)
・公営ギャンブル用有料放送チャンネル運営会社向けフィーチャーフォン&スマホアプリ(制作~ディレクション)
・乗り換え案内モバイルサイト開発(スケジュール策定/影響範囲調査/開発/テスト/運用)
・売上管理/案件進捗管理システム開発(設計/開発/運用)

担当1

笠原健介

【使用言語】:PHP(Smarty)、HTML/CSS(HTML5 Canvas/Bootstrap)、JavaScript(AngularJS/Node.js/ionic/ngCordova/Ajax/jQuery)、gVim、MySQL、Apache、Linux(コマンド)、DreamWeaver、WordPress、Adobe Experience Manager(CMS)、Illustrator、Photoshop、Word、Excel、Git/Subversion/Backlog/Slack/chatwork/Trello/InVison、Karma/Jasmine

【保有資格】:基本情報処理者

【簡易経歴】:東京農業大学地域環境科学部を中退後、コールセンターのスーパーバイザー業務を10年2ヶ月経験。その後、Webプログラマーとして、「DIY商材ECサイト」や「大手製造メーカー向けWebサイト・リニューアルプロジェクト」「大手損保会社向けスマホ・ハイブリットアプリ」「女性アパレル向け大規模ECサイト」の設計・構築を経験し、現在に至る。

担当1

杉野洋一

【使用言語】:C言語/アセンブラ、Perl/PHP、Javascript、HTML/CSS、FreeBSD、VMWare、Ethernet・無線LAN、NAT、VPN、Webサーバ、WebProxyサーバ、DNSサーバ

【保有資格】:中小企業診断士

【簡易経歴】:私立武蔵高校卒業後、慶応大学環境情報学部に入学。その後、同大学大学院政策・メディア研究科(専攻はOSの開発)に進学。韓国・インドにて、IT系企業向け研修事業の立ち上げ、インド人ITエンジニア向け『日本でのシステム開発・就業・生活への順応システム(E-Learning、500時間)』の企画・開発を行う。2010年11月に帰国。現在は、大手アパレル流通小売向けSCMシステムのITコンサルタントを務める。

御社では、このような思いをしたことはございませんでしょうか?
Have you ever feel the same way ?

  • こっちが想像(想定)しているシステムを開発して欲しい。
  • でも、専門家としてのアドバイスも欲しい。「言われた通りのシステムを作りしました」という会社とは 付き合いたくない。
  • しかし、専門家として他社事例・最新技術情報は有難いが、自社の状況をしっかりと理解した上で、なぜシステム開発したいのかの意図を理解した上で、提案して欲しい。「御社の業務を理解したいので、1日常駐させてください」と言ってくるぐらいの人にシステム開発をお願いしたい。
  • 初期費用、運用費用共に、値段は少しでも安くして欲しい。でも、変なシステムでは困るけど・・・。あと、こちら都合以外での工数アップに伴うお金は一銭も出したくない。
  • 手戻りがあっても、快く対応して欲しい。そこそこの無難なシステムが欲しい訳ではない。本気で業務改善を実現したシステムが欲しい。
  • そういった意味で、多少「挑戦的」なシステム企画提案も欲しい。
  • 納期は絶対、死守して欲しい。ただ、中途半端な仕上げは絶対して欲しくない。
  • 要は、儲かるシステム(売上アップorコスト削減)が欲しい。
  • 既に別プロジェクトで実績のあるシステム開発会社さんから「ウチは専門ではないので、お断りします」と言われた。そういう態度は非常に評価できる。しかし、こっちは信頼できる御社にお願いをしたいと思ったんだ。全く畑違いのことであれば、最初からお願いをしないよ。

システム開発のトラブルをどう防ぐか?
How to prevent the trouble ?

1. <システム開発発注側の思い>

システム開発発注(外注)は当然、慎重になります。いい加減な会社、いい加減なシステムエンジニアには任せられない。その会社が本当に信用できるか?イイ担当者がいるか?

  • システム開発会社に騙されないようにしよう。
  • システム開発会社の口車にはのらないぞ。
  • 途中で逃げ出すような、ブラック企業には絶対、発注したくない。
  • 強引な対応をされないか?
  • 聞きたくもない、お説教はしないか?
  • しっかりとしたシステム設計ができるのか?
  • フレームワークによる開発/ライブラリ開発の経験があるのか?
  • 拡張性・生産性の高いコーディング力はあるのか?
  • クライアント企業とのコミュニケーションに慣れているか?
  • コミュニケーションに慣れており、細かい修正点等にも対応していただけるか?
  • ユーザビリティに拘りがあるのか?
  • システムのより良い使い方や業務フローのアドバイスをしてくれるのか?

2. <システム開発受注側の思い>

システム開発会社(受注者)側も、同じく、新規顧客からの依頼には、非常に慎重になります。

  • 前のシステム開発会社のミス(バグ)を、弊社の責任にされないだろうか?
  • 社内(上司)説得用の材料として、出来レースの相見積もりは作りたくない。見積もり作成だって、 お金がかかるんだから・・・。
  • 売掛金を平気で踏み倒すような、ブラック企業とは絶対、取引したくない。
  • 短い納期で仕事を仕上げろと、強引な要求をされないか?
  • 業界業種の異なる、小さな仕事ばかりでは、仕様把握に時間がかかり生産性が悪いんだよなぁ。
  • 社内での意思統一がなされていない。
  • ユーザー自身が何をしたいのか分かっていない。
  • ユーザーの要求が目まぐるしく変わる。
  • 引き継ぎで、前任者と後任者での情報共有ができていない。
  • ユーザーが十分なヒアリングに協力してくれない。

3. <双方のギャップを埋める方法>

弊社では、いきなりご依頼を頂いても、システム開発のお仕事は受けません!!お互いのコミュニケーションを図り、相互理解がある程度でき始めて、初めて数十万円レベルのお仕事を受注させて頂きます。数十万円とは、双方が嫌な思い(イタい思い)をしないで済むレベルの仕事量だと勝手に考えています。その結果、双方Win-Winでしたら、ぜひとも継続契約をお願いします。しかしながら、片一方でもLoseの場合は、キレイさっぱり、No Deal(取引しない)がイイと考えています。【信頼はコミュニケーションと相互理解によって成り立つ】と考えています。

強み1

システムを開発する目的から、予算、納期、PV数、顧客・エンドユーザー、使用者・管理者、システム環境だけではなく、会社の状況や事業の状況ならびに、将来の夢や目標、将来像。また、過去の成功話・失敗談・辛い過去まで、クライアント様に徹底的にヒアリングをさせて頂きます。質問攻めになりますが、嫌にならないで下さいね。

強み2

弊社では「言われた通りのシステム」は作りません。御社業務を理解した上で、他社事例・最新技術情報を交えて、必ずご提案をさせて頂きます。時には、「挑戦的なシステム」提案も行います。しかしながら、いくら業務を理解しているとはいえ、業務のプロは御社です。一方的に、押し付けるようなことは絶対致しませんので、ご安心下さい。

強み3

御社の状況や業務を理解するために、また、なぜシステム開発をしたいのかの意図を理解するために、コンサルタントを御社に1日だけ常駐させてください。もちろん、追加料金は頂きません。

強み4

弊社では、ご使用頂くユーザー様・管理者様が納得しないシステムは無用の長物だと考えています。ですので、追加のご依頼や要件変更はいつでも、おっしゃって下さい。納期が許す限り、何度でも変更に応じます。本気で業務改善を実現するシステムを構築しましょう!

強み5

ご安心ください。納期は絶対、死守します。数々の実績、そして弊社を信頼してくださっている企業様がいらっしゃることがそれを証明しております。

強み6

万が一、御社都合で、要件変更や追加が発生した際は、別途費用とさせて頂きますが、弊社都合での工数アップに伴う費用は一切頂きません。

要は、儲かるシステム(売上アップorコスト削減)が欲しい。

大変申し訳ございません。弊社が得意としない専門外のシステムに関しては、丁重にお断りをさせて頂きます。もちろん、そのシステムを得意とするシステム開発会社を数社ご推薦させて頂きます。

弊社に合わない企業様

  • 売って終わりのサービスを展開しているクライアント様
  • 短期的収益だけをお求めのクライアント様

弊社に合う企業様

  • 長期安定成長をお求めのクライアント様
  • 月売上500~1億円のクライアント様
  • ユーザー様・会員様との長期的な関係継続をお考えのクライアント様
  • 売上向上/コスト削減に貪欲なクライアント様
具体的に

システム開発 4つのポイント

残念ながら、新規システムが出来上がったら終わりではありません。日々の更新作業や新規機能追加など、修正することが前提になります。そのため、コメントを多く残し、誰が担当しても、スグ対応できる(キャッチアップが速い)ようにします。

デザイン部分とテンプレート部分はハッキリと分けます。また、コーディング規約(変数/関数名の付け方)やフレームワーク(本来は、可読性のためのもの)の導入も検討します。

独自システムは極力抑えます。
独自システムは何かあった場合サポート対象外になりえます。自己解決する以外に方法がないことが想定されるため、私たちは独自システムを極力控えご提案いたします。

「バグは必ず発生する(フールプルーフ、ポカよけ)」「サーバは必ず止まる(フェールセーフ)」という、性悪説立場に立った、システム開発を行います。

開発工程

  • 納期厳守
  • 守れないお約束は致しません。最後まで必ず責任を持って対応いたします。
  • 商標・知的財産
  • 他で登録されているデザインや商標・著作権物の転用など、他社の知的財産権を侵しません。
  • 秘密厳守
  • 開発したシステムに関する情報を第三者に漏洩することを防ぎます。別途、秘密保持契約を結びます。
  • 開発の柔軟性
  • 納期が許す限り、アジャイル開発など柔軟に開発を行います。

運用(保守開発)工程

  • パスワードの定期変更(3ヶ月)
  • パスワードポリシーの強化(半角英数字記号混合10文字以上)
  • スクリーンセーバーの有効化(3分)
  • 週1回の全体ウィルススキャンの実行
  • アクセス元の特定(IP固定化):固定IPとVPNを用います。
  • アクセスPCのセキュリティ確保:ウィルスセキュリティソフト導入は当然として、万が一の盗難時にも、HDD暗号化ソフトを導入することによって、情報漏洩を防ぎます。

システム開発の流れ

<開発前>

開発前1
1. 初回、お打ち合わせ

システムづくりは失敗できないものです。だからこそ、お客様が納得できるまで、 ゆっくりじっくり打ち合わせを重ねていきます。

開発前2
2. 本予算見積を基に、お客様にご判断をいただきます。

満足できるシステムづくりをする上で大切なのが、自分たちが良いと思う機能や仕様などを具体的に理解し、それをシステム開発会社に伝えることです。
実際のシステムを触って、触れて感じることで、自分たちの中に何らかの基準ができ、その結果、自分たちがやりたいことを具体的にイメージすることです。
お客様に実際のシステムをたくさんみていただくことが必要と考えています。

<開発中>

開発中3
1. こまめな報告

開発がスタートしますと、担当者から電話やメールを使って、現場の進捗状況をお伝えしています。弊社の「勘違い(勝手な解釈)」や「間違い」で、お客様にご迷惑が掛からないよう対応しています。「気になる事」がございましたら、いつでもお気軽にご連絡を頂けましたら幸いです。

開発中4
4. お客様立会いによる検査

納品前には、納品するのにふさわしいシステムかどうか?最終のお客様立会い検査を実施しています。

<開発後>

開発中5
5. 早期段階での不具合の防止

納品後、2ヶ月、6ヶ月、1年、2年と4回に渡り、定期的にメンテナンス訪問をさせていただいております。「ちょっと気になるけど…」「このぐらい言わなくても…」と思っておられても定期メンテナンス時にてお聞きできますので、不具合を早期段階で防ぐ事もできます。

開発中6
5. 安心の保証システム

「万が一何かあったとき」のために、瑕疵担保責任(1年~10年)の安心保証を完備しています。