*

気を付けよう!個人事業主として働くときのトラブル

公開日: : 最終更新日:2017/08/03 IT業界の実態, WEB全般, 講義 , , ,

最近は開発のほうが忙しく、更新頻度が落ちているのですが、既存の記事を読んでる読者さんが多く、アクセスは先週が過去最高でした。

ありがとうございます!!

さてさて、今回は「個人事業主」として働くときのトラブルについて書こうと思います。

WEBエンジニアとして働いている人であれば個人事業主(外注)として働いている人も多いでしょう。

要は業務委託ですね。

私も、以前は個人事業主でした。

個人事業主の場合、雇用側のメリットも多いことから、雇う側からしても敷居が低いです。

年齢などがネックになり、正社員として厳しい方が個人事業主として働くことも多いと思いますが、よくわからないまま個人事業主として仕事を始めてしまうのは危険です。

常駐などの場合、決まった時間に決まった場所に行って仕事をしますので、サラリーマンと同じなんで、あまり違いを感じません。

社会保険などに自分で加入しなくてはいけないことぐらいはわかると思うのですが、それ以上にいろいろとデメリットもあり、法的に弱い部分などが多々あります。

要はリスクが高いんですね。その分、同じ仕事だったら通常は外注のほうが報酬が高めです。

そんなことからサラリーマンの時と同じように仕事をしているといろいろとリスクがあります。

私もそれほど大きくはありませんがトラブルといえばまあトラブルにはあってきました。

ここでは私が経験したトラブルと心がけるべきことについて書いておこうかなと思います。

トラブルに合わないための心がけ

気軽に業務委託を引き受けない

WEB業界に限らず、ありがちなのが、アルバイトだと思っていたのに気づいたら業務委託(外注)だったというケースです。(爆)

大手のところはないのかもしれませんが、零細企業や個人のエンジニア同士でなおかつ顔見知りだったりするとありえます。

零細企業だと「契約」という意識が弱い方が多いので(雇う側、雇われる側ともに!)、はっきりした取り決めがなく、気づいたら外注になっていたというパターンです。

私の場合、契約が外注なのに報酬は同じ仕事をしている場合のアルバイトと同様というケースがありました。

アルバイトの場合、雇用契約になり、外注とは違います。

外注の場合、仕事上の責任で損害賠償を負う可能性もありますし、さまざまなリスクがあります。

同じ仕事内容の場合、外注のほうがアルバイトよりも報酬で1.5倍~2倍になることが一般的です。それだけリスクがあるので。

逆に言うと雇用側にとっては外注のほうがいろいろとリスクが少ないので、できれば外注で、という雇用者は多いんですね。

そのメリット・デメリットを十分理解していればいいのですが、デメリットのみ引き受けてしまうというケースもありえるので、注意しましょう。

契約書は必ずかわす

零細企業だと契約書すら書かない人が大勢います。

お互い気心もしれてるし、いいよね、みたいな。

こういった方は、やはり「契約」という意識が弱く、面倒くさいから契約書なんかいいや、ぐらいの認識でいるんですね。

が、契約書がなくて困るのはほとんどこちら側になります(汗)

書かなくても普通に仕事をしている場合、それほど困りません。が、えてしてこういうときにトラブルが起こります(汗)

これ以外にも契約書がないと雇用者側の気分で決められることなどもありえるので必ず作っておきましょう。

約束事は文書にする

これまた「口頭で~しましょう」みたいなことをいったときに、お互いの温度差がある場合が非常に多いです。

相手は酒の勢いでいっているだけなのに、もう自分は完全にいれこんでいたりとか。

個人間などでやりとりをしているとお金をもらえるもらえないもあいまいだったりしてトラブルになることが非常に多いです。

そういった温度差を防ぐためにもどこでお金が発生するかといった約束事は常に文章にしましょう。

悪いときのことを常に想定しておく

これは契約というものに対する考え方なんですが、基本性悪説で考えたほうがいいです。

性悪説といっても私のケースも含めて、露骨にだまされるとか利用されるっていうパターンは少ないです。

そういったケースもないとは当然いいませんが、単純に認識がずれていることが多いです。

私のいう性悪説とは相手と自分の認識が共有されていることを前提としない、ということですね。

契約書を作らないとか、別に外注でいいだろうとか、悪意なくそういうことをやる方は非常に多いです。

特に短期間だったり、個人や零細企業、もともとの知り合い、知人の紹介などだとそういうパターンになりがちです。

人間どうしても自分がかわいいので悪意がなくても自分の都合のいいように解釈するんですね。

そういった場合でも常に認識がずれていないかをチェックしましょう。

クラウドソーシングに気をつける

私は仕事を請け負ったことはないですが、クラウドソーシングなどでトラブルにあった例をよく聞きます。

  • 納品した瞬間に連絡がとれなくなる
  • さんざん修正を要求された上に難癖をつけて、結局お金がとれない(実はそれをそのまま使っている。)

顔が見えないだけにとんでもないことをやる方がいろいろといるので気を付けましょう。

まとめ

外注というと雇用者側にとってリスクがあまりないのと、自由度が高いため、正社員よりも仕事の敷居が低いことが多いですが、その分デメリットも多々あります。

外注だけではないですが、メリット・デメリットは熟知しておくようにしましょう。

なお、疑問に思ったらやはり法律の専門家に相談するようにしましょう。

関連記事

初心者でもできる!作れる!WEBサービスの開発 その2 制作体験記編

前回からの続きですが、主にプログラムの勉強目的として、簡単なWEBサービス(アフィリエイトサイト)を

記事を読む

プログラミングは文系、理系どちらが有利か?

プログラミングに関する質問として 文系だとダメですか? 理系のほうが有利なんですか?

記事を読む

よく使う処理をまとめよう その1 (関数)

おはようございます。松本です。 私の会社では10時半から掃除の時間でして、ここ数ヶ月ずっとやっ

記事を読む

30代、未経験者、独学中心でWEBエンジニアとして就職するまで

のっけからストレートなタイトルでスイマセン。 昨日ブログのアクセスをいろいろとみていましたが、

記事を読む

繰り返しを学ぼう その2 (while)

おはようございます。松本です。 最近、仕事をしていると細かいノウハウよりも「行動力」が何よりも

記事を読む

プログラミング学習法「写経」について

本日は本ブログのメインテーマであるプログラミング学習について考えてみたいと思います。 今までプ

記事を読む

繰り返しを学ぼう (for,foreach)

こんばんわ。松本です。 ゴールデンウィークもそろそろおわりですね。といいつつ、私はどこにも言っ

記事を読む

PHPで掲示板を作ろう! 掲示板の作成方法 その1

以前、お問い合わせフォームを作成しましたが、今回からは数回に分けて掲示板を作成していこうと思います。

記事を読む

PHPで掲示板を作ろう!(データベース編) その5 PHP-MySQL連結編

今回はMySQLの第5回目の講義です。 前回までの記事 PHPで掲示板を作ろう!(データベース編

記事を読む

非エンジニアがプログラミングを学ぶことの最大のメリット

本日は非エンジニアの方がプログラミングができることのメリットについて書きます。 一般的にプログ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

無料PHPスクール
自社開発>客先常駐である本当の理由

このブログでも何回か取り上げていますが、ITエンジニアの働き方としては

エンジニアにとって必要なコミュニケーション能力とは

気がついたらもう3月下旬になっていますね・・ 年末年始忙しかった

エンジニアを採用する上で大事なこと

本日はエンジニアの採用について書きたいと思います。最近少し採用に絡んだ

エンジニアが給料を上げる方法を真面目に考えて見ました。

本日はエンジニアと給料の話題について触れて行こうと思います。 エ

エンジニアの「スキル」とはなんぞや

給与が低いことに悩んでるエンジニアへのアドバイスをツイートで見たところ

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑