*

部下や後輩に指導するときに気を付けたいこと

公開日: : 最終更新日:2017/08/03 IT業界の実態, ぼやき , ,

学習塾では勉強を教え、今ではプログラミングを人様に教えております。

もともと予備校生だったときに、予備校の先生に漠然となりたいなあとおもっていたため、やりたいことをやっているといえますね(笑)

私のように教えるという仕事につかなくても会社員として仕事をしていれば部下や後輩がつくことが一般的でしょう。

そこで今回は、他人に何かを教えるということで気をつけたいことをメモしていきたいと思います。

自分の分野に関して体系的な理解をしておくこと

あまりいわれることはないようですが、理想の上司の条件としては物事を体系的に教えられることだと思います。

体系的とは初心者に対して自分の知識を1から順を追って理路整然と説明できることですね。

プログラミングであれば最初は、簡単な基本ルール、そのあとに配列やループ処理、関数の定義を覚えます。

ある程度基本ができ、10数行程度の基本的なプログラムが書けるようになったら簡単なお問い合わせフォームがよいでしょう。

このようにレベルに合わせてある程度の段階を踏んで覚えるべき基本事項があります。

それをゼロから自分で模索していくことも大切ではありますが、ある程度先輩が地図を渡すことができれば非常に効率よく知識を吸収できるはずです。

プログラミングは知識がはっきり出る仕事ですのでそういった側面がより強いとは思います。

ただ、営業などの仕事でも契約の取り方を体系的に伝えることはできるはずです。

情報のメリットとデメリットを伝える

仕事のやり方を聞かれた場合、部分的な情報を伝えることは絶対にやめましょう。

多くの初学者は上司や先輩のいうことを疑ったりすることは少なく、それが「答え」だと思ってしまいます。

それが悪影響を及ぼすことが多々あります。

下記のような情報を前提条件もなく伝える行為は非常に危険です。

  • フレームワークは使うべき・使うべきでない
  • (なんらかのプログラミング言語)はよい・ダメ
  • この本はいい・悪い

何度も繰り返しますが、すべての情報には必ずいい面と悪い面があります

「こういう場合には有効だが、こういう場合にはNG」

「今はとりえあずこう覚えていい。ただあとになるとこれだとデメリットもある。」

いい場合には何がいいのか、悪い場合は何が悪いのか、必ず両方伝えましょう。

個人的な価値観に触れない

一番最後にはこれを上げさせていただきました。

どういうことかというと仕事の技術的なことで指導はするけど、個人的な価値観について強制したりはしないということですね。

真面目な方に多いのは会社や仕事を通して「人間力を高める」「人生を教える」といった思想を持っている方です。

それは暗に自分の価値観が相手の価値観より優れていることを前提にしています。

会社で教えるのは「仕事のやり方」であってそれ以上の範疇を越えるのはやめましょう。

なぜかというと自分がいいと思っていることと相手がいいと思っていることは違うからです。

例えば仕事を自己実現の手段と考えていたり、アイデンティティそのものという考え方の方ですね。中には結婚や人生全般においてアドバイスをする方もいるでしょう。

その考え方自体を否定するものではないですが、他人に強制してはいけません。

職務上必要なことは強制してもよいですが、個人の思想をコントロールすることは一歩間違えると洗脳につながります。

いくら人生経験が豊富であっても、仕事が立派でも他人の人生に介入する権利は誰にもありません。職務上問題ない場合には他人の権利を侵害しないこと。

もちろん頑張って働かなければ本人に帰ってくるわけですが、大人ですの自己責任です。

参考図書

コーチング―言葉と信念の魔術(落合博満)

プロ野球選手として現役時代は3度の3冠王。監督として4度の優勝を果たした落合選手の本です。

私自身、落合氏のファンなのでいまでもたまに読みます。私は野球はやりませんが、指導者として気を付けなければいけないことは似通っていて参考になりました。

部下や後輩の育て方に悩んでいる人は是非。

関連記事

セミナーのご参加ありがとうございました。

ブログで告知させていただいた通り、6/16に主にIT業界への就職希望者向けの方にセミナーをさせていた

記事を読む

プログラミングは文系、理系どちらが有利か?

プログラミングに関する質問として 文系だとダメですか? 理系のほうが有利なんですか?

記事を読む

プログラミングスクールを選ぶときの口コミの考え方

先週は更新できませんでした・・。 更新を楽しみにしていた方がいたら申し訳ありません(汗)

記事を読む

勉強会について

私は今、このブログともう1つこちらのブログを運営しているのですが、さきほど検索順位でチェックしたらこ

記事を読む

エンジニアに学歴は関係があるのか?「正解」を教えます

セミナーでもお話ししましたが、学歴について考えをお話しさせていただこうと思います。 エンジニア

記事を読む

30代、未経験者、独学中心でWEBエンジニアとして就職するまで 技術編

ブログをはじめて1年半がたち、一番読まれた記事が「30代、未経験者、独学中心でWEBエンジニアとして

記事を読む

ユーザーのことを考えよう!  その2

前回のエントリーでは作り手の多くは自分目線で製品品質を考えてしまいがちなことを強調しました。

記事を読む

PHPのメリット・デメリット

うちのブログで一番読まれている記事が「フレームワークのメリット・デメリット」ですね。 タイトル

記事を読む

読者さんからの相談を受け付けました! 異業種からSESに入りはしたけれど・・・

ブログを運営していまして、嬉しいのはやはり読者さんからの相談だったりします。 以前も下記のよう

記事を読む

あなたのPHPレベルを判定してみよう!未経験者限定スキル判定表

プログラムを勉強していると自分のレベルみたいなものが気になる方は多いでしょう。 私の場合も独学

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

無料PHPスクール
自社開発>客先常駐である本当の理由

このブログでも何回か取り上げていますが、ITエンジニアの働き方としては

エンジニアにとって必要なコミュニケーション能力とは

気がついたらもう3月下旬になっていますね・・ 年末年始忙しかった

エンジニアを採用する上で大事なこと

本日はエンジニアの採用について書きたいと思います。最近少し採用に絡んだ

エンジニアが給料を上げる方法を真面目に考えて見ました。

本日はエンジニアと給料の話題について触れて行こうと思います。 エ

エンジニアの「スキル」とはなんぞや

給与が低いことに悩んでるエンジニアへのアドバイスをツイートで見たところ

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑