*

CMSとは?

公開日: : WEB全般, 講義

先週オフィスにきた新規の受講生の方に「CMSを使いたいので、使い方を教えていただきたいのですが・・・」という依頼をいただきました。

残念なことにちょっと現状、私の開発スケジュールの都合からお断りすることになったのですが、CMSを使ってサイトを構築したいという方は多いでしょう。

今回はCMSの定義やメリットやデメリットについて紹介したいと思います。

CMSの定義

そもそもCMS(コンテンツマネジメントシステム)とは何でしょうか?結構気軽に使っていますが、明確な定義は難しいと思います。

下記のようなリンクで辞書的な定義をしていますが、CMSを見たことない方がこれだけで理解するのは厳しいでしょう。

e-words
http://e-words.jp/w/CMS.html

CMSとは、Webコンテンツを構成するテキストや画像、レイアウト情報などを一元的に保存・管理し、サイトを構築したり編集したりするソフトウェアのこと。広義には、(Webサイトに限らず)デジタルコンテンツの管理を行うシステムの総称。

私なりのCMSの定義を簡単にいってしまうと、「更新や改修の可能性がある企業用のホームページやブログが簡単に構築できるソフト」です。

厳密な定義はちがうとおもいますが、とりあえずはこれでいいんではないかなあと思います。

本当にテンプレートを入れて出来合いのサイトを作るだけならプログラミングの知識もほとんどいりません。ちなみにこのサイトも有名なCMSであるWordPressで作ってあります。

ちなみに有名どころでいうと、

一般的なサイト

  • WordPress
  • Movable Type

EC

  • EC-CUBE

でしょうか。もちろんこれ以外にも世の中には無数のCMSがあります。

CMSのメリット・デメリット

私は基本的にはサイトを作るときはCMSを使いますが、もちろんCMSの信者というわけではありません。

いつも言っているようにすべてのものにはメリットとデメリットがあります。

他のエントリーでも書いていますが、CMSのメリットとデメリットを書いておきます。

メリット

早く作れる

すでに出来合いのものがあるので、これが一番大きいメリットでしょう。テンプレートをはめ込んですぐに終わりですから、1時間もあればできてしまいます。

このサイトも1時間以内で作りました。

バグが少ない

0からサイトを作るといたるところでデザインが崩れたり、プログラムを組んでいる場合、エラーが起こってうまくいかなかったりします。

CMSの場合、すでにそういった部分が解決されていることが多いところがうれしい点ですね。

拡張が比較的容易

お問い合わせフォームだったり、アンケートだったり、検索機能だったり、プラグイン(拡張が容易な部品のこと)を入れると非常に拡張が容易になるのが特徴です。

これも0から作ろうとすると非常に大変だったりしますので、CMSのメリットといえるでしょう。

デメリット

学習コストがかかる

当然、新しいものを覚えるわけですから、最初のうちは覚えるのに時間がかかります。

ある程度なれれば作業は容易ですが、そこに行きつくまでが結構大変です。

カスタマイズに限界がある

出来合いのものの宿命なんですけれども当然フルスクラッチで作るものと比べればカスタマイズには限界があり、拡張性に難があります。

次に述べますが、スキルがない人はCMSを使ってもできることが限られてきます。

カスタマイズにはスキルがいる

フレームワークと同じですが、カスタマイズするのにもスキルがいります。

結局CMSを有効に活用できる人というのは「フルスクラッチ(完全に0からという意味)でサイトを作れるスキルはあるけれども、時間の制約上やらない」という人です。

決してスキルがない人が有効に活用できる道具ではありません。

スキルが止まる

最初から便利な道具を覚えた場合、悪い意味で道具に頼ってしまい、自分の成長が止まることがあります。

私は現状ではサイトを作るときにCMSを使いますが、これからサイト作成の技術が全くない人がサイトを作る勉強をしたいといったらCMSは進めません。

このようなメリット・デメリットがあります。これらを踏まえて使うのであればCMSはとても有効な道具です。次のエントリーではWordPressの構造について少し話したいと思います。

 

関連記事

お問い合わせフォームを作ろう! その4(PHP)

お疲れ様です。松本です。 今年は振り返ってみればもう半年が過ぎちゃいましたね。今年はいろいろあ

記事を読む

Java/PHP/Perl/Ruby/Python 主要Web系言語徹底比較

本日はWeb系で使われているプログラミング言語の比較をしてみようと思います。 Web系で使われ

記事を読む

プログラミングを独学で身につけるための4ステップ(実践編)

前回の記事ではプログラミングを独学で身につけるための心構え的なお話をしました。 今回は、実際に

記事を読む

勘違いしてはいけない未経験ややる気という言葉

かなり久しぶりの投稿になってしまいました・・・ 以前ダイエットに成功し、2年以上かけて10kg

記事を読む

PHP 掲示板

PHPで掲示板を作ろう! 掲示板の作成方法 その3(エラーチェックとファイル書き込み)

今回はPHPのコードの説明です。 掲示板の作成方法についてやります。 えー、前回の掲示板

記事を読む

15時間でプログラミング言語の基本をマスターする方法

今回は主に経験者向けの記事となります。 タイトルの通りなのですが、私が新しい言語をマスターする

記事を読む

PHPはなぜ簡単といわれるのか?

最近ではブラック企業と同じような意味合いでブラックバイトなんて言葉があるらしいですね。 ただ定

記事を読む

プログラミングが初心者にとって難しい4つの理由

今回は初心者がプログラミングをやるのがなぜ難しいかをしっかり書いていこうかと思います(爆)。

記事を読む

エディタを使いこなそう

PHPでプログラミングを始めるためにはXAMPPのインストールともう一つエディタというソフトをそろえ

記事を読む

お問い合わせフォームを作ろう! その2(PHP)

おはようございます。松本です。 繰り返しますが、このブログは技術ブログなので(笑)PHPのネタ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

無料PHPスクール
エンジニアを採用する上で大事なこと

本日はエンジニアの採用について書きたいと思います。最近少し採用に絡んだ

エンジニアが給料を上げる方法を真面目に考えて見ました。

本日はエンジニアと給料の話題について触れて行こうと思います。 エ

エンジニアの「スキル」とはなんぞや

給与が低いことに悩んでるエンジニアへのアドバイスをツイートで見たところ

読者さんからの相談を受け付けました! 異業種からSESに入りはしたけれど・・・

ブログを運営していまして、嬉しいのはやはり読者さんからの相談だったりし

近況報告など

あまり更新できず、記事を楽しみにしているかたがいたら申しわけありません

→もっと見る

  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑